Archive by category 下級裁判所(一般)

【下級裁判所事件:恐喝被告事件/福岡地裁小倉支部/平30 3・22/平30(わ)35】

罪となるべき事実(by Bot):被告人Aは,建築資材及び建設機械の販売等を業とする株式会社Cの代表取締役,被告人Bは,建築,土木の管理,施工等を業とするD株式会社の代表取締役である。Dは,株式会社Eほか1社が発注した太陽光発電所建設工事(以下「本件工事」という。)において二次下請けとしてその施工に関わり,本件工事で使用する生コンクリートをCから購入してEに販売していたものであるが,Cに対して生コンクリート代金を支払う資力を欠くに至った。被告人両名は,生コンクリート代金名目で,E代表取締役であるFから現金を脅し取ろうと企て,共謀の上,平成28年6月1日午前9時21分頃,被告人Aが,C従業員を介し,福岡県中間市内の同社事務所において,合計669万9308円の生コンクリート代金の請求書を添付した「お世話になっております。D様より請求書をメールで送って下さいと依頼がありましたので,送信させて頂きます。宜しくお願い致します。」旨の電子メールをE宛てに送信し,その頃,これを広島市中区内の当時のE本社にいたF(当時49歳)に閲読させ,同人に対し,CがDに販売した生コンクリート代金669万9308円の支払を要求した上,同月2日午後4時21分頃,福岡県内又はその周辺において,被告人Aが,前記要求に難色を示したFに対し,電話で,「Cに9日もしくは10日の朝一に振り込んでもらわないと困るんですよ。いずれにしても,トラブルが発生しているので,広島の会を通じて話をすることになりますよ。広島の方にも仁義をきっとかないといかんからね。」などと言い,前記要求に応じなければ,広島県内に本拠を置く指定暴力団Gを利用してFやE従業員等の生命,身体,同社の営業等に危害を加えかねない気勢を示して脅迫し,その旨Fを畏怖させ,また,同月3日午後1時20分頃,被告人Aが,C従業員を介し,前記同社事務所において,95(以下略)

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/639/087639_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87639

Read More

【下級裁判所事件:金融商品取引法違反,詐欺被告事件/ 葉地裁刑2/平30・3・23/平29(わ)354】

罪となるべき事実(by Bot):
被告人は,私募債である診療報酬債権等流動化債券の発行を業とする特定目的会社であるD社,株式会社E及びF社を実質的に運営・管理する株式会社Cの代表取締役として同社の業務を統括していたものであるが,株式会社Cが実質的に運営・管理するD社等の特定目的会社の発行する前記債券の販売及び他の証券会社が同債券の販売を行うに当たっての助言・指導等を主たる業務とするG証券株式会社の代表取締役として同社の業務を統括していた分離前相被告人A及びG証券の取締役として同人の業務を補佐していたBと共謀の上,D社が「H」と称する診療報酬債権等流動化債券を,株式会社Eが「I」と称する診療報酬債権等流動化債券を,F社が「J」と称する診療報酬債権等流動化債券を,それぞれ販売するに当たり,実際には,前記各債券の裏付資産である診療報酬債権等買取残高が前記各債券の発行済残高に比して過少で,かつ,投資家から得る販売代金の大半を既発行債券の元本償還及び利払いに充てざるを得ず,診療報酬債権等の買取りに充てることができない状態であったのに,その情を秘し,前記各債券の売買代金名目で現金をだまし取ろうと企て,第1(訴因変更後の平成29年3月7日付け公訴事実)別紙1(省略)記載のとおり,平成26年12月上旬頃から平成27年9月上旬頃までの間,19回にわたり,東京都品川区(以下省略)株式会社C事務所(当時)において,同社従業員らに,K証券株式会社ほか2社に対し,前記「H」と称する診療報酬債権等流動化債券の裏付資産である診療報酬債権等買取残高を実際よりも過大に計上した内容虚偽の運用実績報告書を郵送の方法で交付させるなどしてその旨虚偽の説明をさせた上,同年1月6日から同年10月頃までの間,28回にわたり,京都府(以下省略)L方ほか179か所において,情を知らないK証券ほか3社の従業員らに,前記Lほ(以下略)

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/638/087638_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87638

Read More

【下級裁判所事件:詐欺被告事件/東京地裁刑6/平30・3・23/ 平29刑(わ)2310】

概要(by Bot):
本件は,被告人両名が,共謀の上,本件建設会社がF市から受注した本件業務委託に関し,同市の担当者に対し,内容虚偽の領収書等を証明書類として提出して,労働者宿泊費の支出実績を4160万1644円水増しして申告して,同市の担当者及び決裁権者らを欺罔し,水増し分を含む業務委託料の残額7621万7110円を同社東北支店名義の口座に振込入金させたという詐欺の事案である。本件被害額は多額であり,結果は重大である。もっとも,被告人両名は,自らの経済的利益のために本件犯行に及んだものではないことが認められる。すなわち,本件業務委託の業務委託料は,当初,平成25年8月1日付け除染業務委託契約書により39億4800万円と定められたが,被ばく線量のモニタリングの結果に応じて,一定の基準以上の線量が測定された場所でのみ除染業務を行うことを予定しており,これに伴い最終的な業務委託料の変更が予定されていた。そして,本件業務委託においては,モニタリングの結果,当初の想定より,除染面積等の数量が減少した半面,除染作業を要する土地が点在することに伴う費用増加や,(線量の高い地域と異なり)特別危険手当の支給がないことに伴う労働者確保の困難があったことから,業務委託料は全体としてかなり減額するのに,原価は割高となることが見込まれ,採算割れも懸念された。被告人両名は,そのような状況下で,F市との設計変更協議に関与し,本件建設会社の利益の目減りを防ぎ,一定の利益を確保するように努めていたものであって,そのような活動の一環として,本件犯行に及ん
だことが認められる。詐欺が財産犯であることに鑑み,利欲性の高さに着目すると,欺罔行為者自らが経済的利益を取得する詐欺の典型的な類型と比較すると,本件の利欲性が高いとはいえない。F市の請求に基づき本件建設会社による被害弁償がなされていることを考え併せると,公(以下略)

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/637/087637_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87637

Read More

【下級裁判所事件:殺人未遂,銃砲刀剣類所持等取締法違 反被告事件/東京地裁刑4/平30・3・13/平29合(わ)90】

罪となるべき事実(by Bot):
被告人は,
第1 その婚約者がAと性的関係を持ったことを知って同人に対する憎しみを抱き,平成29年5月9日午前10時36分頃,東京都〔以下省略〕の病院において,同人(当時41歳)に対し,殺意をもって,その左側胸部を牛刀(刃体の長さ約20センチメートル,平成29年東地領第2209号符号1)で1回突き刺し,その右頸部等をペティナイフ(刃体の長さ約13センチメートル,同領号符号2及び3)で数回突き刺すなどしたが,同人に全治まで約3週間を要する左側胸部刺創等の傷害を負わせたにとどまり,死亡させるに至らなかった 第2 業務その他正当な理由による場合でないのに,前記日時場所において,前記牛刀1本及び前記ペティナイフ1本を携帯した
ものである。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/636/087636_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87636

Read More

【下級裁判所事件:損害賠償請求事件/京都地裁7民/平29・9 ・27/平28(ワ)697】結果:棄却

事案の概要(by Bot):
本件は,原告が,被告に対し,不法行為に基づき,損害賠償として,財産的損害407万6505円,慰謝料100万円及び弁護士費用50万円並びにこれらに対する不法行為後である平成28年4月15日(訴状送達の日である同月14日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。原告が主張する不法行為は,被告が,所属弁護士からの申出により,弁護士法23条の2第2項に基づく照会(以下,同項に基づく照会一般を「弁護士会照会」と,原告に関する照会を「本件照会」とそれぞれいう。)を行う権限を逸脱・濫用して照会をした結果,照会先の税理士法人の代表社員である税理士が税理士法に基づく守秘義務に違反して,被告に原告の確定申告書控え及び総勘定元帳の各写しを送付し(以下,併せて,同書類一般を「確定申告書等」と,上記のとおり送付された同書類を「本件確定申告書等」とそれぞれいう。),原告も関係する訴訟で本件確定申告書等の一部が証拠提出されたことにより,原告が支払を命じられる危機にさらされ財産的損害が発生し,また,不当に原告のプライバシー権が侵害され,弁護士及び弁護士会に対する信用・信頼も裏切られ,精神的苦痛を被ったとするものである。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/635/087635_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87635

Read More

【下級裁判所事件:原子力発電所設置許可処分取消等請求 事件大間原子力発電所建設・運転差止等請求事件原子力発電所 建設・運転差止等請求事件/函館地裁民事部/平30・3・19/平22(行 )2】結果:棄却

要旨(by裁判所):
判示事項の要旨

被告電源開発が建設中の大間原子力発電所(本件原発)について,原告ら1164名が,本件原発において重大な事故が発生すれば生命,身体に重大な被害を及ぼす放射線被ばくを受ける高度の危険にさらされるなどとして,被告電源開発に対し,人格権に基づき,建設・運転の差止めを求めるとともに,被告国及び被告電源開発に対し,慰謝料の支払を求めた事案について,原子力規制委員会が安全審査に用いる具体的審査基準それ自体に不合理な点がある場合は差止めが認められるべきであるが,最新の科学技術水準を踏まえ,確立された国際基準からみて,改正原子炉等規制法の施行に伴い制定された新規制基準に不合理な点は認められず,また,原子力規制委員会の安全審査が未だなされておらず,本件原発の運転開始の目途も立っていない現時点においては,重大事故発生による放射性物質の放出等の具体的危険性を認めるのは困難であり,裁判所が規制委員会に先立って安全性に係る具体的審査基準への適合性について審査することは相当ではないから,審査基準に適合しないとの理由で建設・運転の差止めを認めることはできないとし,慰謝料請求についても,原告らの不安感は抽象的なものにとどまり,法益侵害は未だ生じていないと判断して,原告らの請求をいずれも棄却した事例。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/632/087632_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87632

Read More

【下級裁判所事件:玄海原発再稼働禁止仮処分申立事件/ 賀地裁/平30・3・20/平29(ヨ)2】結果:却下

事案の要旨(by Bot):
本件は,債権者らが,人格権による妨害予防請求権に基づき,債務者が設置している玄海原子力発電所3号機(以下「本件3号機」という。)及び4号機(以下「本件4号機」といい,本件3号機と併せて「本件各原子炉施設」という。)の運転の差止めを命ずる仮処分命令を申し立てた事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/631/087631_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87631

Read More

【下級裁判所事件:地位確認等請求事件/岐阜地裁民1/平29 12・25/平28(ワ)163】

要旨(by裁判所):
被告と有期雇用契約を締結し就業をしていた原告6名が,被告による雇用契約の不更新を社会通念上相当でないと主張して,労働契約法19条に基づき,それぞれ地位確認と賃金請求をした事案。裁判所は,有期雇用契約について,原告らが雇用契約の更新を期待することに合理的な理由がある(同条2号)とした上で,原告らの雇止めについて,被告の雇用喪失に対する手当が不相当であったことなどを理由として,客観的に合理的な理由を欠き,社会通念上相当なものであると認めることはできないとし,口頭弁論終結時までに定年退職の時期を迎える原告2名を除いた4名につき地位確認の請求を認め(2名については過去の法律関係の確認を求めるものであり確認の利益はないとして訴えを却下した。),原告6名について賃金請求の一部を認めた。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/619/087619_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87619

Read More

【下級裁判所事件:現住建造物等放火,非現住建造物等放 火,窃盗被告事件/福岡地裁/平30・3・20/平27(わ)1732】

罪となるべき事実(by Bot):
第1(平成28年2月25日付け起訴状記載の公訴事実。以下「窃盗事件」という。)被告人は,Aと共謀の上,平成24年8月10日頃,福岡県宗像市ab丁目c番d号Bにおいて,同所に駐輪中の普通自動二輪車からC管理に係るナンバープレート1枚を取り外して窃取した。
第2(平成28年7月19日付け訴因変更請求書による訴因変更後の公訴事実第1。以下「現住建造物等放火事件」という。)被告人は,D,E,A,F及びGと共謀の上,平成24年8月14日午前4時26分頃,Hほか2名が現に住居に使用し,かつ,現に同人ら10名がいた北九州市小倉北区e町b丁目f番g号所在のI(鉄筋コンクリート造陸屋根等6階建,床面積合計約1025.39平方メートル)において,前記F又は前記Gが,同ビル3階に停止していたエレベーター内に灯油をまいた上,同エレベーター内に火をつけた発炎筒を投げ込んで火を放ち,その火を同エレベーターの天井及び3階エレベーター前床面等に燃え移らせ,よって,建造物である同ビルのエレベーターを全焼させるとともに,同ビル3階エレベーター前床面の一部を焼損(焼損面積合計約3.2平方メートル)した。
第3(平成28年7月19日付け訴因変更請求書による訴因変更後の公訴事実第2。以下「非現住建造物等放火事件」という。)被告人は,前記D,前記E,前記A,J及びKと共謀の上,平成24年8月14日午前4時半頃,現に人が住居に使用せず,かつ,現に人がいない北九州市小倉北区e町b丁目h番i号所在のLが所有するM(鉄筋コンクリート造陸屋根6階建,床面積合計1313.31平方メートル)において,前記J及び前記Kが,同ビル3階に停止していたエレベーター内に灯油をまいた上,同エレベーター内に火をつけた発炎筒を投げ込んで火を放ち,その火を同エレベーターの内壁等に燃え移らせ,よって,建造物である同ビ(以下略)

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/618/087618_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87618

Read More

【下級裁判所事件:再審請求棄却決定に対する即時抗告申 立事件/仙台高裁1刑/平30・2・28/平26(く)24】

要旨(by裁判所):
提出された新証拠がいずれも刑事訴訟法435条6号所定の無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たらないとした原決定の結論に誤りはないと判示した事例

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/616/087616_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87616

Read More

【下級裁判所事件:現住建造物等放火被告事件/札幌地裁/ 30・3・16/平29(わ)794】

要旨(by裁判所):
本件犯行当時,精神病症状を伴わない重症うつ病に罹患していた被告人が,自殺目的で自宅に放火した現住建造物等放火被告事件において,心神耗弱による減軽の上,被告人に懲役3年,執行猶予4年を言い渡した事例

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/615/087615_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87615

Read More

【下級裁判所事件:現住建造物等放火被告事件/福岡地裁/ 30・2・20/平27(わ)1732】

罪となるべき事実(by Bot):
被告人は,a,b,c,d及びeと共謀の上,平成24年8月14日午前4時26分頃,fほか2名が現に住居に使用し,かつ,現に同人ら10名がいた北九州市区町丁目番号所在のg(鉄筋コンクリート造陸屋根等6階建,床面積合計約1025.39平方メートル)において,被告人又は上記dが,同ビル3階に停止していたエレベーター内に灯油をまいた上,同エレベーター内に火をつけた発炎筒を投げ込んで火を放ち,その火を同エレベーターの天井及び3階エレベーター前床面等に燃え移らせ,よって,建造物である同ビルのエレベーターを全焼させるとともに,同ビル3階エレベーター前床面の一部を焼損(焼損面積合計約3.2平方メートル)した。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/614/087614_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87614

Read More

【下級裁判所事件:雇用関係存在確認等請求事件/高知地 /平30・3・6/平28(ワ)131】

事案の概要(by Bot):
本件は,被告との間で平成25年4月1日に1年間の雇用契約を締結し,その後,2回にわたり同期間の雇用契約を更新した原告が,被告が平成28年4月1日以降は契約を更新しなかったこと(以下「本件雇止め」という。)について,労働契約法19条に基づき,契約が更新されたと主張して,被告に対し,原告が雇用契約上の権利を有する地位にあることの確認を求めるとともに,同月分以降本判決確定日までの給与及びこれに対する各支払期日の翌日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/613/087613_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87613

Read More

【下級裁判所事件:雇用関係存在確認等請求事件/高知地 /平30・3・6/平28(ワ)130】

事案の概要(by Bot):
本件は,被告との間で平成25年7月1日に雇用期間を平成26年3月31日までとする雇用契約を締結し,その後,2回にわたり契約(雇用期間は各1年)を更新された原告が,被告が平成28年4月1日以降は契約を更新しなかったこと(以下「本件雇止め」という。)について,労働契約法19条に基づき,契約が更新されたと主張して,被告に対し,原告が雇用契約上の権利を有する地位にあることの確認を求めるとともに,平成28年4月分以降本判決確定日までの給与及びこれに対する各支払期日の翌日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/612/087612_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87612

Read More

【下級裁判所事件:地位確認等請求事件/大阪地裁5民/平30 3・7/平28(ワ)7385】

要旨(by裁判所):
被告(国立研究開発法人)から独立行政法人が運営する病院への異動命令(本件異動命令)を拒否したことを理由として懲戒解雇となった原告が,被告に対し,同解雇は無効であるとして,労働契約上の権利を有する地位にあることの確認等を求めた事案において,本件異動命令は,転籍出向に該当するにもかかわらず,原告の同意を欠き,また,人事権の濫用ないし懲戒権の濫用に当たり,上記解雇は無効であるとして,原告の請求に係る地位の確認及び一部賞与を除く賃金等の支払が認められた事案

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/605/087605_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87605

Read More

【下級裁判所事件:殺人被告事件/札幌地裁/平30・3・8/平29 (わ)793】

要旨(by裁判所):
夫である被告人が,妻である被害者に対し,その後頸部等を文化包丁等で突き刺して死亡させた殺人被告事件において,被告人に懲役15年を言い渡した事例

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/604/087604_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87604

Read More

【下級裁判所事件:窃盗,住居侵入,強盗致死被告事件/ 幌地裁/平30・3・6/平29(わ)408】

要旨(by裁判所):
共犯者と共謀の上,強盗目的で被害者宅に侵入し,被害者の顔面等を多数回殴打するなどして被害者を死亡させ,キャッシュカードを強取し,さらに,同キャッシュカードを用いて合計300万円を窃取した窃盗,住居侵入,強盗致死被告事件の被告人に対し,懲役28年を言い渡した事例

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/602/087602_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87602

Read More

【下級裁判所事件:生活保護法78条に基づく費用徴収金決 処分取消請求事件/神戸地裁2民/平30・2・9/平28(行ウ)30】

事案の概要(by Bot):
処分行政庁(神戸市A福祉事務所長)は,生活保護受給者である原告に対し,未申告の収入があるとして,生活保護法78条1項に基づき,平成27年11月2日付け及び平成28年3月28日付けの各保護費徴収決定(以下,順に「本件処分1」,「本件処分2」といい,併せて「本件各処分」という。)をした。本件は,原告が,本件各処分には,収入ではないものを収入とした違法及び原告に収入未申告にかかる故意がある旨の事実誤認をした違法があると主張して,神戸市を被告として,本件各処分の取消しを求める処分の取消しの訴えである。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/595/087595_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87595

Read More

【下級裁判所事件:国家賠償法による損害賠償等請求事件 /神戸地裁4民/平30・2・1/平28(ワ)1201】

事案の概要(by Bot):
本件は,明石市議会において「F」という会派(以下「会派F」という。)に属する同市議会議員である原告らが,同市議会を設置する地方公共団体である被告に対し,被告の公権力の行使に当る公務員である同市議会議長が,会派Fの代表者である原告Aを,平成28年5月9日ないし13日に開催された明石市議会代表者会(以下「代表者会」という。)に招集しなかったこと(以下「本件措置」という。)が違法であり,それにより市議会議員としての活動の機会を奪われ精神的苦痛を被ったと主張して,国家賠償法1条1項による損害賠償請求権に基づき,慰謝料各自200万及びこれに対する損害発生日である平成28年5月9日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/594/087594_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87594

Read More

【下級裁判所事件:国家賠償等請求事件/神戸地裁姫路支 /平29・12・11/平25(ワ)611】

事案の概要(by Bot):
本件は,ナイジェリア国籍の原告が,神戸刑務所に収容中の平成19年3月1日,運動中に転倒して左肘関節を脱臼し,刑務所外の病院においてギプス固定の処置を受けたものの,その後,原告の治療を行った病院の医師や神戸刑務所の医師から,適切な医療処置を受けられず,脱臼の残存又は再脱臼を見逃されたことにより,その状態が放置され,左腕に後遺障害が生じたとして,被告に対し,主位的に債務不履行に基づき,予備的に国家賠償法1条に基づき,上記負傷により被った損害合計4334万1426円及びこれに対する履行請求後の日又は不法行為後の日である平成22年8月3日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/593/087593_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail4?id=87593

Read More