【知財(特許権):特許権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁/平25・3・28/平24(ネ)10096】控訴人:(株)ネオインターナショナル/被控訴人:(株)ネオ・コーポレーション

事案の概要(by Bot):
1電子ブレーカに関して,特許権を有し,販売も行っている控訴人(原告)は,電子ブレーカ(被告製品)を販売する被控訴人(被告)に対し,主位的には,被告製品が控訴人の特許権を侵害していると主張して,特許法100条1項,2項に基づく被告製品の製造等の差止め,廃棄等を求めるとともに,不法行為に基づく損害賠償として1億2000万円及びこれに対する遅延損害金の支払を求め,予備的に,電気用品安全法所定の義務を履行した場合に付すことのできるPSE表示を,同法において必要とされる検査を受けずに,被告製品に付して販売した行為が不正競争防止法2条1項13号の不正競争行為(品質等誤認惹起行為)に当たると主張して,同法4条に基づき,損害額82億5260万円の一部1億2000万円及びこれに対する遅延損害金の支払を求めた。
2原判決は,特許権侵害に関する主位的請求について,被告製品は控訴人の特許発明の技術的範囲に属しないと判断し,不正競争行為に関する予備的請求についても,型式変更前の被告旧製品について得たPSE表示を型式変更後の被告新製品に付して販売したことは不正競争行為に該当し,この行為につき被控訴人に過失はあるものの,損害の発生が認められないとして,控訴人の請求をいずれも棄却した。本件控訴は,予備的請求の限度で不服を申し立てるものである。
3判断の基礎となる事実は,原判決2頁26行目以下の「1判断の基礎となる事実」記載のとおりである(ただし,3頁6行目〜6頁15行目を除く。)。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20130329094642.pdf



<裁判所ウェブサイト>
掲載ページ
<検索>
事件番号・事件名・当事者名をキーワードにしてgoogleで検索する