【★最判平23・10・27:地方自治法に基づく怠る事実の違法確認等,地方自治法に基づく怠る事実の違法確認請求事件/平22(行ツ)463】結果:破棄自判

要旨(by裁判所):
市の住民が市長に対し損失補償契約に基づく金融機関等への公金の支出の差止めを求める訴えが原判決言渡し後の事情により不適法であるとされた事例
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20111027143225.pdf



<裁判所ウェブサイト>
掲載ページ
<検索>
事件番号・事件名・当事者名をキーワードにしてgoogleで検索する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です