Archive by category 下級裁判所(知的財産-一般)

【知財(特許権):特許権に基づく損害賠償請求権不存在確 等請求控訴事件/知財高裁/平30・12・12/平30(ネ)10027】

事案の要旨(by Bot):
本件は,控訴人アップルインコーポレイテッド(以下「控訴人アップル」という。)及び控訴人AppleJapan合同会社(以下「控訴人アップルジャパン」という。)が,被控訴人クアルコムインコーポレイテッド(以下「被控訴人クアルコム」という。),被控訴人クアルコムジャパン合同会社(以下「被控訴人クアルコムジャパン」という。),被控訴人クアルコムテクノロジーズインク(以下「被控訴人QTI」という。)及び被控訴人クアルコムシーディーエムエーテクノロジーズアジア−パシフィックピーティーイーエルティーディー(以下「被控訴人QCTAP」という。)に対し,控訴人らによる原判決別紙2物件目録記載の各製品(原告製品)の生産,譲渡等の行為は,被控訴人クアルコムが有する発明の名称を「無線フレーム特有のカウンタ初期化」とする特許第3706580号の特許権(以下「本件特許権」といい,この特許を「本件特許」という。)の侵害に当たらないなどと主張し,被控訴人らが控訴人らの上記行為に係る本件特許権侵害を理由とする損害賠償請求権及び実施料請求権を有しないことの確認を求めた事案である。原判決は,要旨次のとおり判断して,控訴人らの本件訴えをいずれも却下した。控訴人らは,これを不服として本件控訴を提起した。 (1)控訴人アップルの被控訴人クアルコムに対する訴えについて
控訴人アップルと被控訴人クアルコムとの間の被控訴人クアルコムが保有する移動通信システムの通信規格(本件通信規格)に関する全世界的な必須宣言特許ポートフォリオに関するライセンス交渉において,被控訴人クアルコムが控訴人アップルに対し原告製品を含む控訴人アップルの製品が本件特許権を含む被控訴人クアルコムの複数の特許権を侵害していると主張していた事実は認められないこと,被控訴人らは,原審において,被控訴人クアルコムが,原告製品の製(以下略)

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/252/088252_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88252

Read More

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求事件/大阪地裁/平30 ・11・29/平28(ワ)5345】原告:(株)MTG5/被告:(株)ファイブスター

事案の概要(by Bot):
本件は,いずれも「美容器」とする発明2件の特許権者である原告が,被告の製造販売する美容器は上記各特許発明の技術的範囲に属し,同製品を製造・販売等する被告の行為は原告の有する上記各特許権を侵害するとして,特許法100条1項及び同条2項に基づく製造・販売等の差止め及び製品の廃棄,並びに民法709条,特許法102条1項に基づく損害賠償の一部請求として,3億円及びうち3810万円に対する訴状送達の日の翌日から,うち405万円に対する平成29年8月15日付け訴えの変更申立書の送達日の翌日から,うち2億5785万円に対する平成29年11月13日付け訴えの変更申立書(2)の送達日の翌日から,それぞれ支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/242/088242_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88242

Read More

【知財(商標権):商標権侵害行為差止等請求事件/東京地裁 /平30・12・27/平29(ワ)22543】原告:ルイスポールセンエイ/エス 被告:(株)R&MJaPan

事案の概要(by Bot):
本件は,ランプシェードを指定商品とする立体商標に係る商標権を有する原告が,被告に対し,被告による別紙1被告商品目録記載1ないし7の各商品(以下「被告商品」と総称する。)の販売が商標権侵害に当たると主張して,商標法36条1項及び2項に基づく被告商品の譲渡等の差止め及び被告商品,その構成部品の廃棄並びに民法709条,商標法38条2項に基づく損害賠償金1837万4400円及びこれに対する不法行為の後の日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/239/088239_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88239

Read More

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁 /平30・11・20/平30(ネ)10031】控訴人兼被控訴人:トラタニ(株)/ 控訴人兼控訴人:(株)タカギ

事案の概要(by Bot):
1本件は,発明の名称を「下肢用衣料」とする本件特許の特許権(以下「本件特許権」という。)を有する1審原告が,被告製品を製造販売等する1審被告らに対し,被告製品は本件発明の技術的範囲に属し,1審被告らの上記行為は本件特許権を侵害すると主張して,特許法100条に基づき,被告製品の製造販売等の差止め及び廃棄を求めるとともに,民法709条に基づき,1審被告タカギに対し特許法102条2項による損害金1億2350万2610円及び原判決別紙「遅延損害金起算日一覧表1」の「元金額」欄記載の各金員に対する不法行為又は不法行為後の日である同別紙「起算日」欄記載の各日から各支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を,1審被告名古屋タカギに対し損害金3002万3136円及び原判決別紙「遅延損害金起算日一覧表2」の「元金額」欄記載の各金員に対する不法行為又は不法行為後の日である同別紙「起算日」欄記載の各日から各支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である(なお,1審被告タカギに対する訴状送達の日は平成26年8月22日,1審被告名古屋タカギに対する訴状送達の日は同月25日である。)。原判決は,被告製品につき本件発明の技術的範囲に属するとし,また,本件特許は特許無効審判により無効にされるべきものと認められず,特許権者はその権利行使を制限されないとして,1審原告の請求のうち被告製品の製造販売等の差止め及び廃棄並びに損害賠償請求の一部を認容した。1審原告及び1審被告らは,それぞれ,これを不服として控訴し,その敗訴部分につき,1審原告は上記控訴の趣旨記載の範囲での原判決の変更を求め,また,1審被告らは,1審原告の請求の全部棄却を求めた。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/234/088234_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88234

Read More

【知財(不正競争):不正競争防止法に基づく差止・損害賠 請求事件/東京地裁/平30・12・20/平30(ワ)22646】原告:(株)北里 ーポレーション/被告:(株)リプロライフ10

事案の概要(by Bot):
本件は,卵子等のガラス化凍結保存・加温融解に用いる医療関連器具を販売する原告が,同種の医療関連器具を販売する被告の管理に係るウェブサイト又は被告の作成に係るカタログに表示されている別紙表示目録記載1ないし14
の各表示(以下,各表示をそれぞれ「本件表示1」などといい,これらを総称して「本件各表示」という。)のうち「解凍後100%生存」,「生存率100%」,「100%の高い生存率」,「100% survival vitrification!」,「100%post-warm survival rates」,「100%survival」(大文字により表記されたものを含む。)及び「achieving100%,literally100%,survival」と記載された各部分並びに本件表示8の表示全部(以下,これらを併せて「本件記載部分」という。)は被告が販売する製品の品質及び内容(以下「品質等」という。)を誤認させるような表示であって,不正競争防止法(以下「法」という。)2条1項14号の不正競争行為に当たり,それによって原告が営業上の利益を侵害されたと主張して,被告に対し,法3条1項に基づき上記表示の差止めと抹消を求めるとともに,法4条及び5条2項に基づき損害賠償金7591万7834円及びこれに対する訴状送達の日の翌日である平成30年7月26日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/233/088233_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88233

Read More

【知財(著作権):損害賠償請求事件/東京地裁/平30・12・11/ 29(ワ)27374】原告:A/被告:B

事案の概要(by Bot):
本件は,作曲等の音楽活動を行う原告が,被告讀賣テレビの放送番組に出演していた被告Bにおいて原告の創作した未発表の楽曲の一部を原告の許諾なく同番組内で再生したことにより,被告らが共同して上記楽曲に係る原告の著作権(公衆送信権)及び著作者人格権(公表権)を侵害したと主張して,被告らに対し,民法719条(共同不法行為)及び著作権法(以下「法」という。)114条3項に基づき,損害賠償金3307万0400円及びこれに対する不法行為後である平成28年11月29日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/232/088232_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88232

Read More

【知財(商標権):商標権侵害差止等請求事件/東京地裁/平30 ・12・14/平30(ワ)5002】原告:(株)SSS5/被告:(株)メイド・イン・ ジャパン

事案の概要(by Bot):
本件は,別紙2商標権目録記載の商標(以下「原告商標」という。)の商標権を有する原告が,被告株式会社メイド・イン・ジャパン(以下「被告会社」という。)がそのウェブサイトに別紙1被告標章目録1記載の標章(以下「被告標章1」という。)を付し,被告一般社団法人国際ボディメンテナンス協会(以下「被告協会」という。)がそのウェブサイトに別紙1被告標章目録1及び2記載の標章(以下「被告標章2」という。)を付していることが原告の商標権を侵害すると主張し,被告らに対し,商標法36条1項に基づき上記各標章の使用の差止め,同条2項に基づきウェブサイトから同標章の削除を求めるとともに,損害賠償金220万円及びこれに対する不法行為の後の日である平成30年2月27日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/231/088231_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88231

Read More

【知財(特許権):特許権侵害による損害賠償債務不存在確 等請求控訴事件/知財高裁/平30・12・25/平30(ネ)10059】控訴人:( 株)ヒラノテクシード/被控訴人:(株)カネカ

事案の概要(by Bot):
本件は,控訴人が,下記(1)ないし(3)のとおり主張して,被控訴人に対し,被控訴人が控訴人及び控訴人補助参加人に対し,本件各特許権の侵害を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求権を有しないことの確認を求めるとともに,控訴人が平成5年12月2日(本件通常実施権の許諾の日)から現在に至るまで被控訴人との間で締結した本件実施許諾契約に基づき控訴人補助参加人に対して本件各機械装置を使用させることができる地位にあったことの確認を求める事案である。なお,控訴人補助参加人は,原審において,控訴人のために補助参加した。原審は,確認の利益がないとして本件訴えを却下したところ,控訴人補助参加人が控訴した。
(1)本件各特許権(原判決別紙3特許権目録記載の各特許権。以下,同目録記載1の特許権を「本件日本特許権」といい,本件各特許権に係る各発明を「本件各発明」という。なお,同目録記載2の特許権は本件米国特許権である。)の特許権者である被控訴人は,控訴人との間で,本件実施許諾契約を締結し,控訴人に本件通常実施権を許諾した。 (2)その後,控訴人は,本件各機械装置を製造し,これを控訴人補助参加人に販売し,控訴人補助参加人が,本件各機械装置を使用して本件各製品を製造し,これを販売した。 (3)被控訴人は,控訴人補助参加人に対し,米国において,控訴人補助参加人の行為が本件米国特許権を侵害するとして損害賠償請求訴訟(別件米国訴訟)を提起した。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/223/088223_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88223

Read More

【知財(特許権):手続却下処分取消請求控訴事件(行政訴訟 )/知財高裁/平30・12・20/平30(行コ)10001】控訴人:ジボダンエス ー/被控訴人:国

事案の概要(by Bot):
1本件は,控訴人が,「千九百七十年六月十九日にワシントンで作成された特許協力条約」に基づいて行った国際特許出願(本件国際特許出願)について,特許庁長官に対し,特許法184条の5第1項に規定する書面並びに同書面に添付して特許法184条の4第1項に規定する明細書,請求の範囲,図面及び要約の日本語による翻訳文(明細書等翻訳文)を提出し(本件翻訳文提出手続),また,本件国際特許出願について手続補正書及び出願審査請求書を提出したところ(本件手続補正書提出手続及び本件出願審査請求書提出手続),特許庁長官から上記各書面に係る手続の却下処分(本件却下処分1ないし3)を受けたことから,各処分の取消しを求める事案である。各処分の理由の要点は,控訴人が特許法184条の4第1項が定める国内書面提出期間内に明細書等翻訳文(本件翻訳文)を提出することができなかったことについて正当な理由があるとはいえず,特許法184条の4第4項(平成27年法律第55号による改正前のもの。以下同じ。)に規定する要件を満たさないから,同書面に係る手続は却下すべきであり(本件却下処分1),本件国際特許出願は,本件翻訳文の回復理由が認められなかったことにより取り下げられたものとみなされることになり,したがって,本件手続補正書提出手続及び本件出願審査請求書提出手続は,客体のない出願について提出された不適法な手続であるから,却下すべきである(本件却下処分2及び3)というものである。原審において,控訴人は,国内書面提出期間内に明細書等翻訳文の提出がなかった場合の効果として取下擬制を定める特許法184条の4第3項の規定と,同期間内に国内書面が提出されなかった場合を補正命令の対象としている同法184条の5第2項の規定は,補正命令を受ける機会の付与について,形式上は言語に(以下略)

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/221/088221_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88221

Read More

【知財(意匠権):販売差止め及び損害賠償等請求事件/東京 地裁/平30・12・20/平29(ワ)40178】原告:(株)ジェイ・エス/被告 (株)ユメロン黒川

事案の概要(by Bot):
本件は,原告が,被告会社による別紙イ号物件目録記載の商品(アイマスク。以下「イ号物件」という。)の製造,販売等は,自らが有する登録意匠第1276735号(以下「本件登録意匠」という。)に係る意匠権(以下「本件意匠権」という。)の侵害に当たる旨,原告が販売する別紙原告商品・表示目録記載の商品(レッグウォーマー等。以下「本件原告商品」という。)の形態の特徴は原告の商品等表示として周知・著名になっていたところ,被告会社によるこれに類似する別紙被告会社商品目録記載の商品(アーム&レッグウォーマー等。以下「本件被告商品」という。)の製造,販売等は,不正競争防止法2条1項1号及び2号所定の不正競争行為に当たる旨,被告Aは被告会社による上記各行為につき取締役の第三者に対する責任(会社法429条1項)を負う旨を主張して,被告会社に対し,意匠法37条1項及び2項に基づき,イ号物件の製造,譲渡等の差止め及び廃棄を,意匠法41条の準用する特許法106条に基づき,謝罪広告の掲載を求め,不正競争防止法3条1項及び2項に基づき,本件被告商品の製造,譲渡等の差止め及び廃棄を,不正競争防止法14条に基づき,謝罪広告の掲載を求めると共に,被告らに対し,民法709条及び意匠法39条1項,不正競争防止法4条及び5条1項,並びに会社法429条1項に基づき,損害賠償金4億4748万円の一部である1000万円及びこれに対する訴状送達日の翌日である平成29年12月16日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の連帯支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/218/088218_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88218

Read More

【知財(特許権):特許権侵害行為差止請求控訴事件/知財高 裁/平30・12・19/平29(ネ)10098】控訴人:レオファーマアクティー ルスカブ/被控訴人:中外製薬(株)

事案の概要(by Bot):
本件は,発明の名称を「医薬組成物」とする本件特許権を有する控訴人が,被控訴人らが被告物件を製造及び販売しようとしているところ,これらの行為が本件特許権を侵害するものであると主張し,被控訴人らに対し,特許法100条1項に基づき,被告物件の生産,使用,譲渡,貸渡し,輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出のれ求めた事案である。原審は,本件発明1〜4,11及び12に係る本件特許には,特許法29条2項違反の無効理由があるから,控訴人は,上記各発明に係る本件特許権を行使することができないとして,控訴人の請求をいずれも棄却し,控訴人は,これに対して控訴を提起した。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/217/088217_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88217

Read More

【知財(特許権):特許権侵害行為差止請求/東京地裁/平30・ 12・21/平29(ワ)18184】原告:オリンパステルモバイオマテリアル5 /被告:HOYATechnosurgical10

事案の概要(by Bot):
本件は,名称を「骨切術用開大器」とする特許権(登録番号特許第4736091号)を有する原告が,被告が製造,貸渡し及び貸渡しの申出をしている骨切術用開大器が,上記特許の請求項1に係る発明の技術的範囲に属し,上記特許権の侵害行為に当たると主張して,被告に対し,特許法100条1項に基づく別紙物件目録記載の製品の製造,貸渡し及び貸渡しの申出の差止め並びに同条2項に基づく同製品の廃棄を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/215/088215_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88215

Read More

【知財(その他):損害賠償等/東京地裁/平30・11・30/平28(ワ) 41418】原告:医療法人社団翔友会5/被告:(株)ワイジェイコブ メディカル

事案の概要(by Bot):
本件は,医療法人である原告が,医療用品等の小売業等を営んでいる被告に対し,被告が原告経営の診療所に勤務する医師に対して虚偽の事実が記載された通知書を送付したため,これを受領した医師3名が退職をして逸失利益分の損害を被ったと主張し,不法行為(民法709条)に基づき,損害合計17億9375万円の一部である3000万円及びこれに対する不法行為後の日である平成29年4月11日(訴状送達の日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/214/088214_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88214

Read More

【知財(特許権):特許権侵害行為差止等請求事件/東京地裁 /平30・11・9/平29(ワ)17791】原告:タカハタプレシジョン(株)5/ 告:(株)Toshin

事案の概要(by Bot):
本件は,発明の名称を「マグネット歯車及びその製造方法,これを用いた流量計」とする特許第5554433号(以下「本件特許」という。)に係る特許権(以下「本件特許権」という。)を有する原告が,被告株式会社Toshin(以下「被告Toshin」という。)の製造委託を受けて被告笛吹精工株式会社(以下「被告笛吹精工」という。)が製造を行っている別紙被告ら物件目録1記載のマグネット歯車(以下「被告マグネット歯車」という。)を製造等する行為は本件特許権を侵害すると主張して,特許法100条1項及び2項に基づき,被告らに対し,被告マグネット歯車及び同部品を使用している被告ら物件目録2記載の流量計用指針ユニット(以下「被告ユニット」といい,被告マグネット歯車と被告ユニットを併せて「被告製品」という。)の製造等の被告製品の完成品及び半製品の廃棄を求め,民法709条に基づき,損害賠償金5830万円及びこれに対する不法行為後である平成29年6月9日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/213/088213_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88213

Read More

【知財(特許権):損害賠償請求控訴事件/知財高裁/平30・12 18/平29(ネ)10086】控訴人:(株)MTG/被控訴人:ベノア・ジャパ (株)

事案の概要(by Bot):
1本件は,名称を「美肌ローラ」とする発明に係る特許権を有する控訴人が,被控訴人が業として販売するなどする原判決別紙被告製品目録記載の各製品が本件特許に係る発明の技術的範囲に属するとして,被控訴人に対し,不法行為に基づく損害賠償金の一部である1億円及びこれに対する不法行為以後の日である平成28年5月11日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求めた事案である。
2原判決は,控訴人の請求を棄却したため,これを不服とする控訴人が控訴した(当審において,控訴人は,平成25年3月29日から平成28年7月3日までの不法行為に基づく損害賠償金4555万4232円(全部請求)及び不法行為以後の日である平成30年8月31日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払請求に請求を変更(請求の拡張及び減縮)し,被控訴人は,請求の減縮について同意した。)。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/211/088211_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88211

Read More

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求事件/東京地裁/平30 ・7・20/平29(ワ)3605】

事案の概要(by Bot):
本件は,原告らが,被告は,原告らが共有する特許権に係る特許発明の技術的範囲に属する製品を製造販売等して原告らの特許権を侵害していると主張して,被告に対し,特許法100条1項に基づく別紙被告製品目録記載の製品の製造,販売及び譲渡の申出の差止め,同条2項に基づく同製品及び半製品の廃棄を求めるとともに,特許法102条2項に基づき損害賠償金各150万円及びこれに対する不法行為の後の日である平成29年2月9日(訴状送達の日の翌日)から各支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の各支払を求める事案である。

発明の名称(By Bot):
ポール式視線誘導標用カバー

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/210/088210_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88210

Read More

【知財(不正競争):/東京地裁/平30・11・29/平27(ワ)16423】原 :(株)カンバス/被告:(株)フェイス

事案の概要(by Bot):
本件は,原告が,原告の従業員であったA又はBが原告の営業秘密である字幕制作ソフトウェア「SSTG1」(以下「原告ソフトウェア」という。)を構成するソースコードプログラム(以下「本件ソースコード」という。)及びそのファイル「Template.mdb」を正当な権限なく原告から持ち出して被告フェイスに開示し,又は開発担当者として保有していた本件ソースコード等を不正の利益を得る目的で被告フェイスに開示したこと,被告フェイスが本件ソースコード等の前記の不正取得又は不正開示を知りながら字幕制作ソフトウェアである別紙物件目録1記載のソフトウェア(「Babel」。以下「被告ソフトウェア」という。)の制作に当たって本件ソースコード等を取得又は使用したこと,Bが被告フェイスからの業務委託を受け,Aによる本件ソースコード等の前記の不正取得又は不正開示を知りながら被告ソフトウェアの制作に当たって本件ソースコード等を取得又は使用したことを理由として,被告らに対し,不正競争防止法(以下「不競法」という。)3条1項及び2項に基づき,本件ソースコードが使用された被告ソフトウェアの製造等の差止め及び廃棄,本件ソースコードそのものの使用の禁止,本件ソースコードの全部又は一部を記録した記憶媒体の廃棄,Template.mdbを利用して原告ソフトウェアとの互換性を確保しようとする行為の禁止を求めるとともに,同法4条に基づき,損害賠償金(一部請求)及び遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/209/088209_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88209

Read More

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求事件/東京地裁/平30 ・11・28/平29(ワ)28884】

事案の概要(by Bot):
本件は,発明の名称を「敗血症及び敗血症様全身性感染の検出のための方法及び物質」とする特許第5215250号の特許権(以下「本件特許権」といい,この特許を「本件特許」という。また,本件特許の願書に添付した明細書及び図面を併せて「本件明細書」という。)を有する原告が,別紙物件目録記載1の装置(以下「被告装置」という。)及び同目録記載2のキット(以下「被告キット」という。)を用いる敗血症及び敗血症様全身性感染(以下「敗血症等」という。)の検出に係る方法(以下「被告方法」という。)は本件特許の特許請求の範囲請求項1に係る発明(以下「本件発明」という。)の技術的範囲に属するとして,被告において被告装置の製造,譲渡,輸入,貸渡し,譲渡又は貸渡しの申出(以下「製造等」という。)をする行為は,特許法101条5号の間接侵害に当たり,被告において被告キットの製造等(ただし,被告キットについては貸渡し及び貸渡しの申出を除く。以下同じ。)をする行為は,同条4号の間接侵害に当たると主張して,被告に対し,特許法100条1項に基づき,被告装置及び被告キットの製造等の差止め,同条2項に基づき,被告装置及び被告キットの廃棄を求めるとともに,不法行為による損害賠償請求権に基づき,900万円及びこれに対する不法行為後の日である平成29年9月2日(訴状送達の日の翌日)から支払済みまでの民法所定年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/203/088203_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88203

Read More

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求事件/東京地裁/平30 ・11・29/平30(ワ)3018】原告:(株)MTG/被告:(株)CBJ

事案の概要(by Bot):
本件は,発明の名称を「美容器」とする特許権を有する原告が,被告に対し,被告による別紙被告製品目録記載の製品(以下「被告製品」という。)の製造,販売等の行為が特許権侵害に当たると主張して,特許法100条1項及び2項に基づく被告製品の製造,販売等のを求める事案である。

(PDF)
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/177/088177_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=88177

Read More