最新判例 最新の裁判例

judgement

【下級裁判所事件:傷害被告事件/札幌地裁/平30・12・3/平3 0(わ)198】

要旨(by裁判所): 頭部をハンマーで殴打し,全治約2週間の傷害を負わせた行為について,正当防衛の成立が認められ,無罪となった事案 (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/hanr

【下級裁判所事件:死体遺棄被告事件/福岡地裁/平30・12・ 26/平30(わ)1284】

罪となるべき事実(by Bot): 被告人は,平成29年10月下旬頃,福岡県大野城市ab丁目c番d号ef号の当時の被告人方において,内縁関係にあった同居中の自称Aこと氏名不詳の女性が死亡しているのを認めたのであるから,そ

【下級裁判所事件:電子計算機使用詐欺,窃盗,殺人,死 体損壊,死体遺棄,強盗殺人,有印私文書偽造・同行使,電磁 的公正証書原本不実記録・同供用,詐欺被告事件/静岡地裁刑1/ 平30・2・23/平28(わ)428】

概要(by Bot): 本件は,被告人が,以前に勤務していた会社の同僚であったAを,その金品を奪取する目的で殺害して財産を強取した事案(判示第1。以下,「強盗殺人事件」ともいう。),Aの死体を焼損して浜名湖又はその周辺に

【下級裁判所事件:殺人被告事件/福岡地裁/平30・12・19/平 30(わ)592】

罪となるべき事実(by Bot): 被告人は,平成30年5月6日午後10時28分頃から同日午後11時34分頃までの間に,福岡市(以下略)の当時の被告人方において,被害者(当時40歳)に対し,殺意をもって,手に持った包丁(

【下級裁判所事件:逮捕監禁致死被告事件/福岡地裁小倉 部/平30・12・20/平30(わ)421】

罪となるべき事実(by Bot): 被告人は,前妻との間にもうけた5歳の長女と4歳の長男,平成30年に入ってから結婚した妻A,Aの連れ子で被告人自身も養子縁組をしたB(当時4歳の男児。以下「被害者」という。),同じく3歳

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・12 26/平30(行ケ)10022】原告:コンパニーゼネラールデ/被告:特 庁長官

事案の概要(by Bot): 本件は,特許出願拒絶査定に対する不服審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。 発明の名称(By Bot): 空気入りタイヤ (PDF) http://www.courts.go.jp/a

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・12 27/平29(行ケ)10226】原告:サノフィ/被告:アムジエン・イン ーポレーテッド

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 (1)被告は,平成20年8月22日(優先日平成19年8月23日,同年12月21日,平成20年1月9日及び同年8月4日(以下「本件優先日」という。),優先権主張国

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・12 27/平29(行ケ)10225】原告:サノフィ/被告:アムジエン・イン ーポレーテッド

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 (1)被告は,平成20年8月22日(優先日平成19年8月23日,同年12月21日,平成20年1月9日及び同年8月4日(以下「本件優先日」という。),優先権主張国

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・12 25/平28(行ケ)10174】原告:テレフオンアクチーボラゲット/被 :アイピーコムゲゼルシャフト

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯 ?被告は,発明の名称を「ディジタル有効データの伝送方法」とする発明に係る特許権者である(平成11年7月23日国際出願(優先権主張外国庁受理1998年7月24日,ド

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・12 20/平30(行ケ)10103】原告:エフシーツーインク/被告:(株)ド ンゴ

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等(後掲証拠及び弁論の全趣旨から認められる事実) (1)原告は,次の商標(以下「本件商標」という。)の商標権者である。 登録番号 第5621414号 登録出願日 平

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最決平30・12・18:請求異議事件/平29(オ)1725】結果:そ の他

判示事項(by裁判所): 最高裁判所は,民訴規則203条所定の事由があるとしてされた民訴法324条に基づく移送決定について,当該事由がないと認めるときは,これを取り消すことができる (PDF) http://www.co

【★最決平30・12・18:請求異議事件/平29(オ)1725】結果:そ の他

判示事項(by裁判所): 最高裁判所は,民訴規則203条所定の事由があるとしてされた民訴法324条に基づく移送決定について,当該事由がないと認めるときは,これを取り消すことができる (PDF) http://www.co

【★最決平30・12・18:請求異議事件/平29(オ)1725】結果:そ の他

判示事項(by裁判所): 最高裁判所は,民訴規則203条所定の事由があるとしてされた民訴法324条に基づく移送決定について,当該事由がないと認めるときは,これを取り消すことができる (PDF) http://www.co

【★最判平30・12・21:損害賠償請求事件/平29(受)1793】結果 :破棄自判

判示事項(by裁判所): 弁護士法23条の2第2項に基づく照会をした弁護士会が,その相手方に対し,当該照会に対する報告をする義務があることの確認を求める訴えは,確認の利益を欠くものとして不適法である (PDF) http


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【知財(特許権):特許権侵害差止請求事件/東京地裁/平30・ 10・24/平29(ワ)24174】

事案の概要(by Bot): 本件は,特許第6154978号の特許権(以下「本件特許権」といい,この特許を「本件特許」という。また,本件特許に係る明細書及び図面を「本件明細書」という。)を有する原告が,別紙2被告サービス

【知財(不正競争):不正競争行為差止請求事件/東京地裁/ 30・9・27/平28(ワ)26919等】原告:(株)サロン・ド・ヒロコ/第1 件被告:A

事案の概要(by Bot): 本件は,原告が経営するまつ毛サロン「(省略)」(以下「原告店舗」というが,原告と原告店舗を区別する必要がない場合には,単に「原告」と表記することがある。)で勤務していたA及びB(以下,AとB

【下級裁判所事件:鑑定報酬等請求控訴,同附帯控訴事件 /名古屋高裁民4/平30・4・18/平29(ネ)426】

要旨(by裁判所): 臨床心理士である被控訴人が,刑事事件の主任弁護人である控訴人に対し,被告人と面接等を行った上で精神鑑定書を作成する旨の準委任契約を控訴人との間で締結したとして,鑑定報酬等を請求したところ,被控訴人は

【下級裁判所事件:住居侵入,傷害,死体遺棄,覚せい剤 取締法違反被告事件/札幌地裁/平30・10・17/平30(わ)111】

要旨(by裁判所): 知人と共謀の上,被害者方に押し掛けて傷害を負わせた住居侵入,傷害,行動をともにしていた女性の死亡に気付き,別の知人と共謀の上,遺体を峠の山中に遺棄した死体遺棄,覚せい剤所持の各犯行に及んだ被告人を懲