最新判例 最新の裁判例

judgement

【知財(著作権):発信者情報開示請求事件/東京地裁/令3・6 ・16/令3(ワ)2608】

事案の要旨(by Bot): 本件は,原告が,電気通信事業等を営む被告に対して,被告の用いる電気通信設備を経由したファイル共有ソフトウェアの使用によって,「魔王の始め方THECOMIC」と題する漫画作品(以下,同作品の全

(【下級裁判所事件/東京地裁/令3・3・23/平30(ワ)20127】本訴 告:)YHGカンパニー/本訴被告:)アニバーサリー2)

事案の概要(by Bot): 本件の本訴は,生命保険の募集に関する業務等を目的とする会社である原告会社及びその代表者である原告Aが,原告会社の従業員であった被告B,同C及び同D並びに,原告会社の関係会社の業務委託先であっ

【下級裁判所事件:環境影響評価書確定通知取消等請求事 件/大阪地裁/令3・3・15/平30(行ウ)184】

事案の概要(by Bot): 本件は,株式会社コベルコパワー神戸第二(以下「コベルコパワー」という。)が石炭火力発電所(以下「本件発電所」という。)の設置を計画している神戸市灘区及びその周辺地域の住民である原告らが,1コ

【下級裁判所事件:生活保護基準引下げ処分取消等請求事 件/大阪地裁/令3・2・22/平26(行ウ)288】

事案の概要(by Bot): 本件は,大阪府内に居住して生活保護法(以下「法」という。)に基づく生活扶助の支給を受けている原告ら(ただし,原告X16,原告X32及び原告X36については,その夫が生活扶助の支給を受けている

【下級裁判所事件:怠る事実の違法確認等請求事件/大阪 裁/令3・1・20/平30(行ウ)182】

事案の要旨(by Bot): (1)株式会社アルト建築設計事務所(以下「アルト社」という。)及び補助参加人らは,平成19年,平成22年,平成25年及び平成28年の各年度に,それぞれ,高槻市との業務委託契約に基づき,高槻市

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最判令3・6・15:情報不開示決定取消等請求事件/令2( ヒ)102】結果:破棄差戻

判示事項(by裁判所): 刑事施設に収容されている者が収容中に受けた診療に関する保有個人情報は,行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律45条1項所定の保有個人情報に当たらない (PDF) http://www.co

【★最決令3・6・9:強盗致傷,犯人隠避教唆,犯人蔵匿教 唆被告事件/令3(あ)54】結果:棄却

判示事項(by裁判所): 犯人が他人を教唆して自己を蔵匿させ又は隠避させる行為と刑法103条の罪の教唆犯の成否 (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/383/

【★最決令3・6・9:入院を継続すべきことを確認する旨の 決定に対する抗告棄却決定に対する再抗告事件/令3(医へ)5】結 :棄却

判示事項(by裁判所): 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律による処遇制度と憲法14条,31条,34条 (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/

【★最判令3・6・4:被災者生活再建支援金支給決定取消処 分取消請求本訴,不当利得返還請求反訴,不当利得返還請求事 件/令2(行ヒ)133】結果:破棄自判

判示事項(by裁判所): 被災者生活再建支援法に基づき被災者生活再建支援金の支給決定をした被災者生活再建支援法人が支給要件の認定に誤りがあることを理由として当該決定を取り消すことができるとされた事例 (PDF) http


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【知財(特許権):特許権侵害差止請求事件/東京地裁/平30・ 10・24/平29(ワ)24174】

事案の概要(by Bot): 本件は,特許第6154978号の特許権(以下「本件特許権」といい,この特許を「本件特許」という。また,本件特許に係る明細書及び図面を「本件明細書」という。)を有する原告が,別紙2被告サービス

【知財(不正競争):不正競争行為差止請求事件/東京地裁/ 30・9・27/平28(ワ)26919等】原告:(株)サロン・ド・ヒロコ/第1 件被告:A

事案の概要(by Bot): 本件は,原告が経営するまつ毛サロン「(省略)」(以下「原告店舗」というが,原告と原告店舗を区別する必要がない場合には,単に「原告」と表記することがある。)で勤務していたA及びB(以下,AとB

【下級裁判所事件:鑑定報酬等請求控訴,同附帯控訴事件 /名古屋高裁民4/平30・4・18/平29(ネ)426】

要旨(by裁判所): 臨床心理士である被控訴人が,刑事事件の主任弁護人である控訴人に対し,被告人と面接等を行った上で精神鑑定書を作成する旨の準委任契約を控訴人との間で締結したとして,鑑定報酬等を請求したところ,被控訴人は

【下級裁判所事件:住居侵入,傷害,死体遺棄,覚せい剤 取締法違反被告事件/札幌地裁/平30・10・17/平30(わ)111】

要旨(by裁判所): 知人と共謀の上,被害者方に押し掛けて傷害を負わせた住居侵入,傷害,行動をともにしていた女性の死亡に気付き,別の知人と共謀の上,遺体を峠の山中に遺棄した死体遺棄,覚せい剤所持の各犯行に及んだ被告人を懲