最新判例 最新の裁判例

judgement

【下級裁判所事件:損害賠償請求事件/福岡地裁1民/令2・9 16/平27(ワ)2850】

事案の概要(by Bot): Dは,平成2年9月から平成17年9月まで,被告太平ビルサービス株式会社(以下「被告会社」という。)に雇用され,その間,被告北九州市(以下「被告市」という。)が設置した北九州市立総合体育館(以

【下級裁判所事件/東京高裁/令2・6・25/令1(行コ)167】

事案の概要(by Bot): 本件は,日本国外に住所を有する日本国民(以下「在外国民」という。)である一審原告A,同B,同C及び同Dが,1主位的に,憲法15条1項,79条2項及び3項等により最高裁判所の裁判官(以下,単に

【下級裁判所事件:原爆症認定申請却下処分取消等請求控 訴事件/広島高裁2/令2・6・22/平30(行コ)1】結果:その他

事案の概要(by Bot): 本件は,原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(以下「被爆者援護法」という。)1条に該当する者として被爆者健康手帳の交付を受けた被爆者である控訴人ら(ただし,控訴人Bらを除く。)及びA1(同

【知財(特許権):損害賠償請求控訴事件/知財高裁/令2・5・ 27/平30(ネ)10016】控訴人:電機(株)訴訟承継/被控訴人:原化工 (株)訴訟

事案の概要(by Bot): 本件は,発明の名称を「液体を微粒子に噴射する方法とノズル」とする特許の特許権者であった訴訟承継前控訴人藤崎電機株式会社(以下「藤崎電機」という。)が,被控訴人による別紙製品目録記載の各製品(

【★最決令2・9・16:医師法違反被告事件/平30(あ)1790】結 :棄却

判示事項(by裁判所): 1医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為の意義 2医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為に当たるか否かの判断方法 3医師でない彫り師によるタトゥー施術行為が,医師法17条にいう「医業

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令2・9・ 23/令2(行ケ)10048】

事案の概要(by Bot): 本件は,特許出願拒絶査定に対する不服審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。争点は,進歩性の認定判断の誤りの有無である。 1特許庁における手続の経緯 原告は,名称を「水素エンジン装置」と

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令2・9・ 23/令2(行ケ)10014】

事案の概要(by Bot): 本件は,商標登録無効審判請求に対する不成立審決の取消訴訟である。争点は,商標の類似性(商標法4条1項11号)の有無である。1本件商標被告は,別紙本件商標目録記載の商標(以下「本件商標」という

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令2・9・ 15/令1(行ケ)10150】

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令2・9・ 10/令2(行ケ)10040】

理由の要旨(by Bot): 本件審決の理由は,別紙審決書(写し)のとおりであり,要するに,本願商標は,別紙記載2の登録商標(以下「引用商標」という。)と類似する商標であり,かつ,本願商標の指定商品及び引用商標の指定商品

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令2・9・ 10/令1(行ケ)10091】

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最決令2・9・16:医師法違反被告事件/平30(あ)1790】結 :棄却

判示事項(by裁判所): 1医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為の意義 2医師法17条にいう「医業」の内容となる医行為に当たるか否かの判断方法 3医師でない彫り師によるタトゥー施術行為が,医師法17条にいう「医業

【★最判令2・9・18:管理費等反訴請求事件/平31(受)310】結 果:その他

判示事項(by裁判所): 区分所有法所定の先取特権を有する債権者の配当要求により配当要求債権に時効中断効が生ずるためには,民事執行法181条1項各号に掲げる文書により上記債権者が上記先取特権を有することが不動産競売手続に

【★最判令2・9・11:請負代金請求本訴,建物瑕疵修補等 求反訴事件/平30(受)2064】結果:破棄自判

判示事項(by裁判所): 請負代金債権と瑕疵修補に代わる損害賠償債権の一方を本訴請求債権とし,他方を反訴請求債権とする本訴及び反訴が係属中に,上記本訴請求債権を自働債権とし,上記反訴請求債権を受働債権とする相殺の抗弁を主

【★最判令2・9・8:請負代金請求事件/平31(受)61】結果: 棄自判

判示事項(by裁判所): 請負人である破産者の支払停止前に締結された請負契約に基づく注文者の破産者に対する違約金債権の取得が,破産法72条2項2号にいう「前に生じた原因」に基づく場合に当たり,上記違約金債権を自働債権とす


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【知財(特許権):特許権侵害差止請求事件/東京地裁/平30・ 10・24/平29(ワ)24174】

事案の概要(by Bot): 本件は,特許第6154978号の特許権(以下「本件特許権」といい,この特許を「本件特許」という。また,本件特許に係る明細書及び図面を「本件明細書」という。)を有する原告が,別紙2被告サービス

【知財(不正競争):不正競争行為差止請求事件/東京地裁/ 30・9・27/平28(ワ)26919等】原告:(株)サロン・ド・ヒロコ/第1 件被告:A

事案の概要(by Bot): 本件は,原告が経営するまつ毛サロン「(省略)」(以下「原告店舗」というが,原告と原告店舗を区別する必要がない場合には,単に「原告」と表記することがある。)で勤務していたA及びB(以下,AとB

【下級裁判所事件:鑑定報酬等請求控訴,同附帯控訴事件 /名古屋高裁民4/平30・4・18/平29(ネ)426】

要旨(by裁判所): 臨床心理士である被控訴人が,刑事事件の主任弁護人である控訴人に対し,被告人と面接等を行った上で精神鑑定書を作成する旨の準委任契約を控訴人との間で締結したとして,鑑定報酬等を請求したところ,被控訴人は

【下級裁判所事件:住居侵入,傷害,死体遺棄,覚せい剤 取締法違反被告事件/札幌地裁/平30・10・17/平30(わ)111】

要旨(by裁判所): 知人と共謀の上,被害者方に押し掛けて傷害を負わせた住居侵入,傷害,行動をともにしていた女性の死亡に気付き,別の知人と共謀の上,遺体を峠の山中に遺棄した死体遺棄,覚せい剤所持の各犯行に及んだ被告人を懲