最新判例 最新の裁判例

judgement

【下級裁判所事件:窃盗,道路交通法違反,殺人/福島地 郡山支部/令3・6・24/令2(わ)80】

罪となるべき事実(by Bot): 被告人は 第1 令和2年5月31日午前7時30分頃,福島県郡山市a町b番地のc所在のA従業員寮駐車場において,同所に駐車中のB管理の準中型貨物自動車1台(本件トラック,時価約40万円相

【下級裁判所事件:著作権法違反,組織的な犯罪の処罰及 び犯罪収益の規制等に関する法律違反被告事件/福岡地裁3刑/令 3・6・2/令1(わ)1181】

罪となるべき事実(by Bot): 人名については,証拠の標目に掲記する場合及び特記する場合を除き,再出時以降は姓のみで表記する。 第1 被告人は,A,B,Cと共謀の上,1(令和元年11月5日付け起訴状記載の公訴事実)法

【下級裁判所事件:詐欺被告事件/東京地裁刑13/令3・5・31/ 令2刑(わ)3186】

罪となるべき事実(by Bot): 被告人は,東京都港区(住所省略)所在の株式会社A(以下「被害会社」という。)のB局に所属し,テレビCM枠の買い付けや売却,イベントのスポンサー提供業務,これらに付随する製作業務等に従事

【下級裁判所事件:殺人,非現住建造物等放火,有印公文 書偽造・同行使,有印私文書偽造・同行使,詐欺,詐欺未遂/ 戸地裁/令3・6・30/平29(わ)370】

(PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/487/090487_hanrei.pdf (裁判所ウェブサイトの掲載ページ) http://www.courts.go

【★最判令3・7・19:損害賠償請求事件/令1(受)1968】結果: 破棄差戻

判示事項(by裁判所): 会計限定監査役は,計算書類及びその附属明細書の監査を行うに当たり,当該計算書類等に表示された情報が会計帳簿の内容に合致していることを確認しさえすれば,常にその任務を尽くしたといえるものではない

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令3・7・ 20/令2(行ケ)10053】

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令3・7・ 20/令3(行ケ)10013】

理由の要旨(by Bot): 本件審決は,次のとおり,要証期間に日本国内において商標権者,専用使用権者又は通常使用権者のいずれかが,本件指定役務について本件商標を使用したことが証明されたとは認められないから,本件商標の登

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令3・6・ 30/令3(行ケ)10010】

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令3・6・ 28/令2(行ケ)10033】

理由の要旨(by Bot): (1)本件審決の理由は,別紙審決書(写し)記載のとおりであり,取消事由との関係では,要するに,本件各発明は,いずれも,特許法36条6項2号の明確性要件,同条4項1号の実施可能要件及び同条6項

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/令3・7・ 8/令2(行ケ)10057】

事案の概要(by Bot): 本件は,特許無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。 1特許庁における手続の経緯等(当事者間に争いがない。) 被告は,平成14年11月11日,発明の名称を「電動ベッド」とする発明につ

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最判令3・7・19:損害賠償請求事件/令1(受)1968】結果: 破棄差戻

判示事項(by裁判所): 会計限定監査役は,計算書類及びその附属明細書の監査を行うに当たり,当該計算書類等に表示された情報が会計帳簿の内容に合致していることを確認しさえすれば,常にその任務を尽くしたといえるものではない

【★最判令3・7・6:地方自治法251条の5に基づく違法な国 関与(是正の指示)の取消請求事件/令3(行ヒ)76】結果:棄却

判示事項(by裁判所): 1沖縄県漁業調整規則(昭和47年沖縄県規則第143号。令和2年沖縄県規則第53号による改正前のもの)41条1項に基づく水産動植物の採捕に係る許可に関する県知事の判断は,裁量権の範囲の逸脱又はその

【★最判令3・7・5:株主総会議事録閲覧謄写請求事件/令1( 受)2052】結果:棄却

判示事項(by裁判所): 会社法182条の4第1項に基づき株式の買取請求をした者は同法182条の5第5項に基づく支払を受けた場合であっても上記株式の価格につき会社との協議が調い又はその決定に係る裁判が確定するまでは同法3

【★最決令3・6・28:薬事法違反被告事件/平30(あ)1846】結 :棄却

判示事項(by裁判所): 1薬事法(平成25年法律第84号による改正前のもの)66条1項の規制する 「記事を広告し,記述し,又は流布」する行為の意義 2薬事法(平成25年法律第84号による改正前のもの)66条1項の規制す


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【知財(特許権):特許権侵害差止請求事件/東京地裁/平30・ 10・24/平29(ワ)24174】

事案の概要(by Bot): 本件は,特許第6154978号の特許権(以下「本件特許権」といい,この特許を「本件特許」という。また,本件特許に係る明細書及び図面を「本件明細書」という。)を有する原告が,別紙2被告サービス

【知財(不正競争):不正競争行為差止請求事件/東京地裁/ 30・9・27/平28(ワ)26919等】原告:(株)サロン・ド・ヒロコ/第1 件被告:A

事案の概要(by Bot): 本件は,原告が経営するまつ毛サロン「(省略)」(以下「原告店舗」というが,原告と原告店舗を区別する必要がない場合には,単に「原告」と表記することがある。)で勤務していたA及びB(以下,AとB

【下級裁判所事件:鑑定報酬等請求控訴,同附帯控訴事件 /名古屋高裁民4/平30・4・18/平29(ネ)426】

要旨(by裁判所): 臨床心理士である被控訴人が,刑事事件の主任弁護人である控訴人に対し,被告人と面接等を行った上で精神鑑定書を作成する旨の準委任契約を控訴人との間で締結したとして,鑑定報酬等を請求したところ,被控訴人は

【下級裁判所事件:住居侵入,傷害,死体遺棄,覚せい剤 取締法違反被告事件/札幌地裁/平30・10・17/平30(わ)111】

要旨(by裁判所): 知人と共謀の上,被害者方に押し掛けて傷害を負わせた住居侵入,傷害,行動をともにしていた女性の死亡に気付き,別の知人と共謀の上,遺体を峠の山中に遺棄した死体遺棄,覚せい剤所持の各犯行に及んだ被告人を懲