【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平23・4・21/平22(行ケ)10366】原告:ボーテ プレスティージュ アンテルナショナル/被告:特許庁長官

事案の概要(by Bot):
本件は,原告が,下記1の商標登録出願に対する下記2のとおりの手続において,原告の拒絶査定不服審判請求について特許庁が同請求は成り立たないとした別紙審決書(写し)の本件審決(その理由の要旨は下記3のとおり)には,下記4のとおりの取消事由があると主張して,その取消しを求める事案である。
1 本願商標
国際商標登録出願日(事後指定日):平成18年(2006年)4月28日
出願番号:国際登録第600167号(マドリッド議定書による基礎登録:平成4年(1992年)11月5日,フランス)
商標:別紙の立体商標
指定商品:第3類「beauty products(cosmetics), soaps, perfumery, cosmetics」(美容製品,せっけん,香料類及び香水類,化粧品。ただし,平成20年(2008年)12月17日付け国際登録簿に記載された限定の通報によるもの))
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110428145021.pdf



<裁判所ウェブサイト>
掲載ページ
<検索>
事件番号・事件名・当事者名をキーワードにしてgoogleで検索する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です