【知財(特許権):損害賠償請求事件/東京地裁/平22・11・24/平21(ワ)11464】原告:ハイドロアルミニウム・アクシェセルスカープ/被告:三菱電機(株)

事案の概要(by Bot):
本件は発明の名称を「超臨界蒸気圧縮サイクルの運転方法およびその装置」とする後記2,(2)の特許権の専用実施権者である原告が,被告が別紙被告製品目録記載のヒートポンプユニットを生産,譲渡等する行為は,上記特許権の間接侵害に該当すると主張して,被告に対し,特許権侵害の不法行為による損害賠償請求権(民法709条,特許法102条3項)に基づき,損害賠償金14億円及びうち5億5000万円に対する不法行為の後の日である平成19年7月1日から,うち8億5000万円に対する不法行為の後の日である平成21年1月1日から,いずれもその支払済みまで民法所定の年5分の割合による遅延損害金の支払を求める事案である。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20101129145512.pdf
<裁判所ウェブサイト>
掲載ページ
<検索>
事件番号・事件名・当事者名をキーワードにしてgoogleで検索する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です