【下級裁判所事件:各殺人被告事件/千葉地裁刑1/平22・5・26/平21(わ)1869】

要旨(by裁判所):
精神疾患にり患していた息子の両親である被告人両名が,息子の暴力から身を守るために,息子の首を電気コードで強く締め付けて殺害したという事案につき,過剰防衛の成立を認めた上,本件に至った経緯について同情すべき点が多々あるなどして,被告人両名に懲役3年,5年間執行猶予を言い渡した事例
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100929102056.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です