【知財(特許権):特許権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁/平22・9・29/平22(ネ)10048】控訴人:(原告)アテンションシステム(株)/被控訴人:(被告)(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ

裁判所の判断(by Bot):
当裁判所も,控訴人の本訴請求は当審において変更された請求を含めて棄却すべきものと判断する。その理由は,原判決「事実及び理由」中の「第3当裁判所の判断」記載のとおりである。控訴人は,当審に至っても,原判決が採用できないとした本件特許発明に関する解釈を変更せず,被告製品の具体的構成を主張立証していない。その他,当審において控訴人が本件特許発明の内容や被控訴人の行為について主張するところも,これを最大限善解するとしたとしてもまた,本件特許発明の特許請求の範囲及び明細書の記載に基づかない主張であるか,証拠によって認めることのできない主張であることは明らかであって,採用することができない。よって,本件控訴は理由がなく,また,当審において変更された請求も理由がないから,これらを棄却することとし,主文のとおり判決する。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100930143552.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です