最新判例 最新の裁判例

judgement

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁 /平28・9・28/平27(ネ)10016】控訴人:大王製紙(株)/被控訴人:日 本製紙クレシア(株)

事案の概要(by Bot): 1訴訟の概要(略称は,特に断らない限り,原判決に従う。) ?本件は,控訴人が,被控訴人に対し,被控訴人は,原判決別紙被告設備目録(原告)記載のティシュペーパーの製造設備を設置・使用し,原判決

【下級裁判所事件:覚せい剤取締法違反,関税法違反被告 事件/千葉地裁刑2/平28・5・19/平27(わ)1162】

要旨(by裁判所): タイ国籍の被告人2名が氏名不詳者らと共謀の上,営利の目的で,覚せい剤を隠し入れた浄水器用フィルター等を機内預託手荷物として預けて航空機に搭乗し,日本国内に覚せい剤を輸入したという事案について,被告人

【下級裁判所事件:傷害被告事件/千葉地裁刑1/平28・3・23/ 平27(わ)608】

要旨(by裁判所): 私立高校の剣道部顧問であった被告人が同校の剣道部員であった被害者に対して暴行を加えて傷害を負わせたという傷害被告事件について,被害者の証言自体に信用性を揺るがす不自然,不合理な点があり,被害者の証言

【知財(商標権):商標権侵害行為差止等請求事件/東京地裁 /平26・5・21/平25(ワ)31446】原告:エルメスアンテルナショナル 被告:(株)DHScorp

事案の概要(by Bot): 本件は,原告が,被告に対し,被告が輸入販売する別紙被告商品目録1ないし4記載の商品(以下,それぞれ「被告商品1」ないし「被告商品4」といい,併せて「被告各商品」という。)が,原告の有する商標

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求事件/大阪地裁/平28 ・9・8/平26(ワ)10489】原告:(株)電研社/被告:ヒエン電工(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,発明の名称を「螺旋ハンガー用クランプ」とする特許権を有する原告が,被告による別紙イ号物件目録記載の製品の製造,販売行為が当該特許権に対する侵害行為であると主張して,被告に対し,特許法

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・9 28/平27(行ケ)10229】原告:東洋ライス(株)/被告:特許庁長官

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 (1)原告は,平成21年8月25日,発明の名称を「色彩選別機及び色彩選別機の運転制御方法」とする特許出願(特願2009−194357。以下「本願」という。甲3)

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・9 28/平27(行ケ)10260】原告:(株)後藤製作所/被告:美和ロック( )

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 ?被告は,平成14年8月5日(優先権主張:平成13年10月15日,日本国),発明の名称を「ロータリーディスクタンブラー錠及び鍵」とする特許出願をし,平成19年9

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・9 28/平27(行ケ)10259】原告:X/被告:美和ロック(株)

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 ?被告は,平成14年8月5日(優先権主張:平成13年10月15日,日本国),発明の名称を「ロータリーディスクタンブラー錠及び鍵」とする特許出願をし,平成19年9

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・9 26/平28(行ケ)10020】原告:福島工業(株)/被告:ホシザキ(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,特許無効審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。争点は,進歩性の有無(相違点についての判断の誤り)である。 発明の要旨(By Bot): 本件特許の請求項1ないし3の発明に係る特

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・9 26/平27(行ケ)10253】原告:アプライドマテリアルズ/被告:特 庁長官

事案の概要(by Bot): 本件は,特許出願に対する拒絶査定不服審判請求を不成立とした審決の取消訴訟である。争点は,引用発明の認定の当否,本願発明と引用発明との対比判断の当否,及び相違点に関する判断の当否である。 発明

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最判平28・9・6:損害賠償請求事件/平27(受)766】結果: その他

要旨(by裁判所): 匿名組合契約の営業者が新たに設立される株式会社に出資するなどし,同社が営業者の代表者等から売買により株式を取得した場合において,営業者に匿名組合員に対する善管注意義務違反はないとした原審の判断に違法

【★最決平28・8・1:管轄移転の請求事件/平28(す)398】結果 :棄却

要旨(by裁判所): 刑訴法17条1項2号にいう「裁判の公平を維持することができない虞があるとき」に当たらないとされた事例 (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_j

【★最決平28・7・27:覚せい剤取締法違反被告事件/平28(あ )456】結果:棄却

要旨(by裁判所): 刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定の新設と刑訴法411条5号にいう「刑の変更」 (PDF) http://www.courts.go.jp/a

【★最判平28・7・15:鳴門市競艇従事員共済会への補助金 法支出損害賠償等請求事件/平26(行ヒ)472】結果:その他

要旨(by裁判所): 市の競艇従事員共済会に対する違法な補助金の交付がその後の条例の制定により遡って適法なものとなるとした原審の判断が違法であるとされた事例 (PDF) http://www.courts.go.jp/a


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【下級裁判所事件/広島地裁民2/平26・3・19/平21(ワ)2459】

要旨(by裁判所): 被告が行った下水道工事が原因で所有土地が地盤沈下し,同土地上の所有建物に損傷が生じたとして,原告が,被告に対し,国家賠償法1条1項に基づき,同建物の建替費用相当額等の損害賠償を求めた事案について,下

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平26 ・11・13/平25(行ケ)10338】原告:(株)マ キタ/被告:日立工機(株)

裁判所の判断(by Bot): 当裁判所は,原告の取消事由2には理由があり,審決にはこれを取り消すべき違法があるものと判断する。その理由は,以下のとおりである。 1取消事由1(補正要件違反に関する判断の誤り)について (

【知財(著作権):著作権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁 /平26・10・30/平26(ネ)10042】控訴人:(株)ビーエスエス/被控訴 :インターナショナル・システム・サービス(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,控訴人が,「BSS−PACK」という統合業務管理パッケージのソフトウェア製品(以下「BSS−PACK製品」という。)に含まれる原判決別紙原告営業秘密プログラム目録記載1(1)ないし(

【知財(特許権):債務不存在確認請求控訴事件/知財高裁/ 26・10・22/平26(ネ)10052】控訴人:(株)高井製作所/被控訴人:( )ヤナギヤ

事案の概要(by Bot): 1請求 被控訴人が,控訴人に対し,原判決別紙控訴人製品目録記載の製品(以下「控訴人製品」という。)の生産,譲渡,貸渡し,輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展