最新判例 最新の裁判例

judgement

【下級裁判所事件:証拠隠滅/福岡地裁/平30・6・5/平30(わ)1 95】

罪となるべき事実(by Bot): 被告人は,自動車販売等を業とする合同会社A(以下「本件会社」という)の実質的経営者であるが,平成29年4月20日に福岡市a区bで発生した強盗致傷事件(以下,単に「強盗致傷事件」という)

【知財(特許権):承継参加申立事件/東京地裁/平30・5・23/ 30(ワ)7906】

事案の概要(by Bot): 本件は,原告が,脱退被告の地位を承継した参加人に対し,参加人が登録名義を有する別紙特許目録記載1ないし3の特許権(以下「本件特許権1」などといい,併せて「本件各特許権」という。また,同特許権

(【下級裁判所事件:審決取消請求事件/知財高裁/平30・6・ 13/平30(行ケ)10015】原告:(株)バンビーナ/被告:(株)ツイン)

事案の概要(by Bot): 本件は,商標法50条1項に基づく商標登録取消審判請求を不成立とした審決の取消訴訟であり,争点は被告による商標使用の有無である。 (PDF) http://www.courts.go.jp/a

【下級裁判所事件/東京高裁/平30・3・22/平29(ネ)2765】

事案の概要(by Bot): ?当事者 ア控訴人は,被控訴人との間で,ワンセグ放送(地上デジタル放送の各チャンネルの13セグメントに分割されている放送用帯域のうち,1セグメントを利用して行われる移動体機器向けの放送をいう

【知財(特許権):職務発明対価請求控訴事件/知財高裁/平30 ・6・5/平30(ネ)10004】控訴人:X/被控訴人:新日鐵住金(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,控訴人が,被控訴人に対し,主位的に,職務発明規程により職務発明である●●●●●●●●●●●●●●●●に関する発明(本件発明)について被控訴人に特許を受ける権利を取得させたとして,特許

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・6 12/平29(行ケ)10214】原告:東宝(株)/被告:(株)タグチ工業

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 ?被告は,平成23年11月21日,別紙商標目録記載の商標(以下「本件商 2標」という。)につき,指定商品を第7類「鉱山機械器具,土木機械器具,荷役機械器具,農業

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・6 7/平29(行ケ)10061】

裁判所の判断(by Bot): 1本件訂正発明について (1)本件訂正発明は,前記(第2の2)のとおりである。 (2)本件明細書には,次のような記載がある。 ア技術分野及び発明の背景 本発明は,液体因子VII組成物,特に

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・5 30/平29(行ケ)10111】原告:パーカー熱処理工業(株)/被告:オリ エンタルエンヂニアリング

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 (1)被告は,平成21年7月21日,発明の名称を「表面硬化処理装置及び表面硬化処理方法」とする発明について特許出願をし,平成26年10月10日,特許権の設定登録

【意匠権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・5 30/平30(行ケ)10010】原告:(株)坂上鐵工所/被告:特許庁長官

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 ?原告は,平成28年5月25日,意匠に係る物品を「中空鋼管材におけるボルト被套具」とする別紙1本願意匠図面記載の形態の意匠(以下「本願意匠」という。)の出願をし

【意匠権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平30・5 30/平30(行ケ)10009】原告:(株)坂上鐵工所/被告:特許庁長官

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 ?原告は,平成28年5月25日,意匠に係る物品を「中空鋼管材におけるボルト被套具」とする別紙1本願意匠図面記載の形態の意匠(以下「本願意匠」という。)の出願をし

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最判平30・6・1:地位確認等請求事件/平29(受)442】結果 :その他

判示事項(by裁判所): 1有期契約労働者が定年退職後に再雇用された者であることは,労働契約法20条にいう「その他の事情」として考慮されることとなる事情に当たる 2有期契約労働者と無期契約労働者との個々の賃金項目に係る労

【★最判平30・6・1:未払賃金等支払請求事件/平28(受)2099 結果:その他

判示事項(by裁判所): 1有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の相違が労働契約法20条に違反する場合における当該有期契約労働者の労働条件 2労働契約法20条にいう「期間の定めがあることにより」の意義 3労働契約法

【★最判平30・4・26:議場における発言取消命令取消請求 件/平29(行ヒ)216】結果:破棄自判

判示事項(by裁判所): 愛知県議会議長の同県議会議員に対する発言の取消命令の適否は,司法審査の対象とはならない (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/701

【★最決平30・4・18:株式差押命令取消決定に対する執行 告棄却決定に対する許可抗告/平29(許)13】結果:棄却

判示事項(by裁判所): 株券が発行されていない株式(振替株式を除く。)に対する強制執行の手続において配当表記載の債権者の配当額に相当する金銭が供託され,その供託金の支払委託がされるまでに債務者が破産手続開始の決定を受け


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【下級裁判所事件/東京高裁/平29・7・19/平29(ラ)1332】

事案の概要(by Bot): 本件は,相手方の株主である抗告人らが,相手方が平成29年7月3日の取締役会決議に基づいて公募増資の方法で行う4800万株の普通株式の発行(以下「本件新株発行」という。)は「株式の発行(中略)

【知財(不正競争):競業行為差止等請求控訴事件/知財高裁 /平29・9・13/平29(ネ)10020等】控訴人(附帯被控訴人):(株)X/被控 訴人(附帯控訴人):Y

事案の要旨(by Bot): (1)本件は,控訴人が,控訴人と被控訴人との間の業務に関する基本契約(本件基本契約)の契約期間中に,被控訴人が,被控訴人の業務上のデータを持ち出して失踪し,本件基本契約に基づいて行うべき業務

【★最決平29・10・5:訴訟代理人の訴訟行為排除決定に対 る抗告審の取消決定に対する許可抗告事件/平29(許)6】結果: 棄自判

判示事項(by裁判所): 1弁護士法25条1号に違反する訴訟行為及び同号に違反して訴訟代理人となった弁護士から委任を受けた訴訟復代理人の訴訟行為について,相手方である当事者は,上記各行為を排除する旨の裁判を求める申立権を

【下級裁判所事件:関税法違反,消費税法違反,地方税法 違反被告事件/福岡地裁/平29・9・8/平29(わ)395】

罪となるべき事実(by Bot): 被告人は,Aらと共謀の上,大韓民国から金地金を輸入するに当たり,これに対する消費税及び地方消費税を免れようと考え,平成29年3月21日(現地時間),大韓民国所在の仁川国際空港において,