最新判例 最新の裁判例

judgement

【知財(不正競争):損害賠償等請求控訴事件/知財高裁/平27 ・12・24/平27(ネ)10046】控訴人:(一審原告)(株)読売新聞東京本社 /被控訴人:(一審被告)Y

事案の要旨(by Bot): 本件は,株式会社読売新聞グループ本社(読売新聞グループ本社)の子会社である控訴人が,読売新聞グループ本社の子会社である株式会社読売巨人軍(巨人軍)の球団代表等であった被控訴人に対し,長嶋茂雄

【知財(不正競争):不正競争行為差止等請求事件,業務禁 等請求事件/大阪地裁/平28・7・21/平26(ワ)11151等】原告:錫器 業協同組合/被告:P1

事案の概要(by Bot): 本件は,錫器(錫製品)の製造に関する事業に携わる原告らが,被告らにおいて,錫器の製造に使用する別紙記載の合金(以下「本件合金」という。)に係る営業秘密を不正の利益を得る目的で使用して錫製品を

【下級裁判所事件:殺人被告事件/札幌地裁/平28・7・25/平2 7(わ)728】

要旨(by裁判所): 義母に対する殺人被告事件(自白)において,被告人に懲役9年を言い渡した事例 (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/089/086089_

【知財(不正競争):商号使用差止等請求事件/大阪地裁/平28 ・8・23/平27(ワ)5281】原告:(株)山高工務店/被告:(株)ヤマタ

事案の概要(by Bot): 本件は,アスベスト除去工事,ダイオキシン類対策工事等を主な業務とする原告が,同種業務を行う被告による原告の商号と類似する商号の使用行為が,不正競争防止法2条1項1号の不正競争又は会社法8条1

【知財(特許権):職務発明対価請求事件/東京地裁/平28・4 28/平24(ワ)21035】原告:A/被告:(株)リコー

事案の概要(by Bot): 本件は,日立工機株式会社(以下「日立工機」という。)等に勤務していた原告が,勤務期間中に職務発明を行い,同発明に係る特許を受ける権利を同社に譲渡したところ,被告らにおいて同社の譲渡対価支払義

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・8 24/平27(行ケ)10245】原告:X/被告:(株)岡田製作所

事案の概要(by Bot): 本件は,無効審判請求を不成立とした審決に対する取消訴訟である。争点は,補正における新規事項の追加の有無,サポート要件の充足の有無及び進歩性判断の是非である。 発明の要旨(By Bot): 本

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・8 9/平27(行ケ)10223】原告:谷口雅春先生を学ぶ会/被告:生長の 家

事案の概要(by Bot): 本件は,被告が有する別紙商標目録記載の商標(以下「本件商標」という。)に係る商標権(以下「本件商標権」という。)について,原告が商標法3条1項柱書,同法4条1項6号,7号,8号,10号,15

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・8 9/平27(行ケ)10222】原告:谷口雅春先生を学ぶ会/被告:生長の 家

事案の概要(by Bot): 本件は,被告が有する別紙商標目録記載の商標(以下「本件商標」という。)に係る商標権(以下「本件商標権」という。)について,原告が商標法3条1項柱書,同法4条1項6号,7号,10号,15号及び

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・8 9/平27(行ケ)10221】原告:谷口雅春先生を学ぶ会/被告:生長の 家

事案の概要(by Bot): 本件は,被告が有する別紙商標目録記載の商標(以下「本件商標」という。)に係る商標権(以下「本件商標権」という。)について,原告が商標法3条1項柱書,同法4条1項6号,7号,10号,15号及び

【商標権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・8 10/平28(行ケ)10066】原告:(株)大勝軒/被告:特許庁長官

理由の要旨(by Bot): 本件審決の理由は,別紙審決書(写し)のとおりである。要するに,本願商標は,他人の氏名から成る商標であり,かつ,本願商標を登録することについて,当該他人の承諾を得ているものとは認められないから

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最決平28・8・1:管轄移転の請求事件/平28(す)398】結果 :棄却

要旨(by裁判所): 刑訴法17条1項2号にいう「裁判の公平を維持することができない虞があるとき」に当たらないとされた事例 (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_j

【★最決平28・7・27:覚せい剤取締法違反被告事件/平28(あ )456】結果:棄却

要旨(by裁判所): 刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定の新設と刑訴法411条5号にいう「刑の変更」 (PDF) http://www.courts.go.jp/a

【★最判平28・7・15:鳴門市競艇従事員共済会への補助金 法支出損害賠償等請求事件/平26(行ヒ)472】結果:その他

要旨(by裁判所): 市の競艇従事員共済会に対する違法な補助金の交付がその後の条例の制定により遡って適法なものとなるとした原審の判断が違法であるとされた事例 (PDF) http://www.courts.go.jp/a

【★最判平28・7・15:鳴門市競艇従事員共済会への補助金 法支出損害賠償等請求事件/平25(行ヒ)533】結果:その他

要旨(by裁判所): 競艇臨時従事員に支給する離職せん別金に充てるため,市が競艇従事員共済会に対して補助金を交付したことが,地方自治法232条の2所定の公益上の必要性を欠き違法であるとされた事例 (PDF) http:/


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【下級裁判所事件/広島地裁民2/平26・3・19/平21(ワ)2459】

要旨(by裁判所): 被告が行った下水道工事が原因で所有土地が地盤沈下し,同土地上の所有建物に損傷が生じたとして,原告が,被告に対し,国家賠償法1条1項に基づき,同建物の建替費用相当額等の損害賠償を求めた事案について,下

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平26 ・11・13/平25(行ケ)10338】原告:(株)マ キタ/被告:日立工機(株)

裁判所の判断(by Bot): 当裁判所は,原告の取消事由2には理由があり,審決にはこれを取り消すべき違法があるものと判断する。その理由は,以下のとおりである。 1取消事由1(補正要件違反に関する判断の誤り)について (

【知財(著作権):著作権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁 /平26・10・30/平26(ネ)10042】控訴人:(株)ビーエスエス/被控訴 :インターナショナル・システム・サービス(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,控訴人が,「BSS−PACK」という統合業務管理パッケージのソフトウェア製品(以下「BSS−PACK製品」という。)に含まれる原判決別紙原告営業秘密プログラム目録記載1(1)ないし(

【知財(特許権):債務不存在確認請求控訴事件/知財高裁/ 26・10・22/平26(ネ)10052】控訴人:(株)高井製作所/被控訴人:( )ヤナギヤ

事案の概要(by Bot): 1請求 被控訴人が,控訴人に対し,原判決別紙控訴人製品目録記載の製品(以下「控訴人製品」という。)の生産,譲渡,貸渡し,輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展