最新判例 最新の裁判例

judgement

【下級裁判所事件:遺言無効確認請求事件/広島地裁民3/平 25・11・28/平24(ワ)336】

要旨(by裁判所): 原告が,被告に対し,遺言者が自筆証書遺言を故意に破棄したことを理由として,本件遺言が無効であることの確認を求めた事案について,遺言者が遺言書の文面全体に斜線を引いたことは遺言書全体を撤回する行為に当

【下級裁判所事件:選挙権確認等請求事件/広島地裁民2/平 28・7・20/平27(行ウ)25】

要旨(by裁判所): 受刑者である原告が,禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者について選挙権を制限する公職選挙法11条1項2号の規定が違憲であると主張して,次回の衆議院議員及び参議院議員の選挙において投票するこ

【知財(特許権):特許権侵害差止等請求事件/東京地裁/平29 ・1・27/平26(ワ)20319】原告:(株)S-Cube/被告:アイアンドティ ック(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,名称を「盗難防止タグ,指示信号発信装置,親指示信号発信装置及び盗難防止装置」とする発明(請求項の数9。以下,特許請求の範囲請求項1ないし4の発明をそれぞれ「本件発明1」ないし「本件発

【知財(特許権):特許権侵害差止請求事件/東京地裁/平28・ 12・14/平27(ワ)25149】原告:フルタ電機(株)/被告:渡邊機開工 (株)

事案の概要(by Bot): 本件は,名称を「生海苔異物分離除去装置における生海苔の共回り防止装置」とする発明(請求項の数5。以下,その請求項1,3及び4記載の各発明をそれぞれ「本件発明1」,「本件発明3」及び「本件発明

【知財(不正競争):不正競争行為差止等請求事件,請求異議 事件/東京地裁/平29・2・9/平26(ワ)1397等】

事案の概要(by Bot): 第1事件は,婦人靴の企画・設計・卸売を業とする原告が,被告三國,被告A及び被告A(以下,これら3名を併せて「被告三國ら」という。)は,被告三國が原告から預かっていた別紙物品目録1記載の各オリ

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平29・1 18/平27(行ケ)10163】原告:億光電子工業股?有限公司/被告:日 化学工業(株)

裁判所の判断(by Bot): 当裁判所は,原告の主張する取消事由はいずれも理由がなく,審決に取り消されるべき違法はないと判断する。その理由は次のとおりである。 1本件訂正発明の内容 本件訂正明細書によれば,本件訂正発明

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平29・2 14/平28(行ケ)10112】原告:ナンジンキャベンディッシュ/被告 特許庁長官

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 ?原告らは,平成22年11月2日(優先権主張:平成21年11月2日,中国),発明の名称を「3−(置換ジヒドロイソインドール−2−イル)−2,6−ピペリジンジオン

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平29・2 8/平28(行ケ)10088】原告:X/被告:特許庁長官

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 (1)原告は,発明の名称を「シュレッダー補助器」とする発明について,平成18年8月24日に出願した実願2006−8029号に係る実用新案登録第3143556号(

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平29・2 7/平28(行ケ)10068】原告:(株)ブリヂストン/被告:特許庁長官

理由の要旨(by Bot): (1)本件審決の理由は,別紙審決書(写し)のとおりである。要するに,本願発明は,下記アの引用例1に記載された発明(以下「引用発明」という。)及び下記イの引用例2に記載された技術事項に基づいて

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平29・2 2/平28(行ケ)10001等】原告:沢井製薬(株)/被告:イーライリリ アンド

事案の概要(by Bot): 1特許庁等における手続の経緯 ?甲事件・乙事件・丙事件被告(以下「被告」という。)は,平成24年6月27日(優先権主張:平成12年6月30日,同年9月27日,平成13年4月18日,米国),発

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最判平29・2・21:立替金等請求本訴,不当利得返還請 反訴事件/平27(受)659】結果:破棄差戻

要旨(by裁判所): 個別信用購入あっせんにおいて,販売業者が名義上の購入者となることを依頼する際にした告知の内容が,割賦販売法35条の3の13第1項6号にいう「購入者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なもの」に当たると

【★最決平29・1・31:投稿記事削除仮処分決定認可決定に する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件/平28(許)45】結果 :棄却

要旨(by裁判所): 検索事業者に対し,自己のプライバシーに属する事実を含む記事等が掲載されたウェブサイトのURL並びに当該ウェブサイトの表題及び抜粋を検索結果から削除することを求めることができる場合 (PDF) htt

【★最判平29・1・31:養子縁組無効確認請求事件/平28(受)12 55】結果:破棄自判

要旨(by裁判所): 専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても,直ちに当該養子縁組について民法802条1号にいう「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとすることはできない (PDF) http://w

【★最判平29・1・24:クロレラチラシ配布差止等請求事件/ 平28(受)1050】結果:棄却

要旨(by裁判所): 事業者等による働きかけが不特定多数の消費者に向けられたものであったとしても,そのことから直ちにその働きかけが消費者契約法12条1項及び2項にいう「勧誘」に当たらないということはできない (PDF)


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【下級裁判所事件/広島地裁民2/平26・3・19/平21(ワ)2459】

要旨(by裁判所): 被告が行った下水道工事が原因で所有土地が地盤沈下し,同土地上の所有建物に損傷が生じたとして,原告が,被告に対し,国家賠償法1条1項に基づき,同建物の建替費用相当額等の損害賠償を求めた事案について,下

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平26 ・11・13/平25(行ケ)10338】原告:(株)マ キタ/被告:日立工機(株)

裁判所の判断(by Bot): 当裁判所は,原告の取消事由2には理由があり,審決にはこれを取り消すべき違法があるものと判断する。その理由は,以下のとおりである。 1取消事由1(補正要件違反に関する判断の誤り)について (

【知財(著作権):著作権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁 /平26・10・30/平26(ネ)10042】控訴人:(株)ビーエスエス/被控訴 :インターナショナル・システム・サービス(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,控訴人が,「BSS−PACK」という統合業務管理パッケージのソフトウェア製品(以下「BSS−PACK製品」という。)に含まれる原判決別紙原告営業秘密プログラム目録記載1(1)ないし(

【知財(特許権):債務不存在確認請求控訴事件/知財高裁/ 26・10・22/平26(ネ)10052】控訴人:(株)高井製作所/被控訴人:( )ヤナギヤ

事案の概要(by Bot): 1請求 被控訴人が,控訴人に対し,原判決別紙控訴人製品目録記載の製品(以下「控訴人製品」という。)の生産,譲渡,貸渡し,輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展