最新判例 最新の裁判例

judgement

【下級裁判所事件:損害賠償請求事件/岡山地裁/平28・9・2 1/平25(ワ)985】

裁判所の判断(by Bot): 1争点 罪を犯したことを疑うに足りる充分な理由の有無について ア前記前提となる事実のほか,証拠及び弁論の全趣旨によれば,以下の事実が認められる。B警部補は,平成25年6月10日,原告の運転

【下級裁判所事件:不支給処分取消請求事件/仙台地裁3民/ 平28・10・27/平26(行ウ)26】

要旨(by裁判所): 会社員である原告の子がうつ病を発病し,自殺した事案において,上司から毎日のように注意を受けたことやエアガンで撃たれ,唾を吐きかけられたことなどを認定し,業務上強度の心理的負荷を受けていたとして,うつ

【知財(不正競争):損害賠償等請求控訴事件/知財高裁/平28 ・12・21/平28(ネ)10079】控訴人:アルファクラブ(株)/被控訴人 Y

事案の概要(by Bot): 本件は,冠婚葬祭業やその互助会業等を営む控訴人が,控訴人やその代理店との間で雇用契約や業務委託契約を締結して控訴人のために稼働していた被控訴人が,控訴人の営業秘密を使用し,虚偽の事実を互助会

【知財(特許権):特許権侵害差止請求控訴事件/知財高裁/ 28・12・21/平28(ネ)10010】控訴人:JX金属(株)/被控訴人:田中貴 金属工業(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,発明の名称を「非磁性材粒子分散型強磁性材スパッタリングターゲット」とする発明に係る特許権(本件特許権)を有する控訴人が,原判決別紙被告製品目録記載の製品(被告製品)は,本件特許の特許

【行政事件:公園施設設置許可取消処分等執行停止申立事 件/東京地裁/平28・6・16/平28(行ク)121】分野:行政

判示事項(by裁判所): 都市公園法5条1項の公園施設設置許可について,同法27条2項1号に基づきその一部を取り消して許可期間を短縮するとともに原状回復を命じた監督処分の効力の停止を求める申立てが,重大な損害を避けるため

審決取消 最新の審決取消裁判例

ip

【意匠権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・12 21/平28(行ケ)10126】原告:テバユーケーリミテッド/被告:特 庁長官

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 原告らは,平成26年4月7日(域内市場における調和のための官庁(商標及び意匠)への出願に基づくパリ条約による優先権主張:平成25年10月7日),以下の意匠(以下

【意匠権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・12 21/平28(行ケ)10125】原告:テバユーケーリミテッド/被告:特 庁長官

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 原告らは,平成26年4月7日(域内市場における調和のための官庁(商標及び意匠)への出願に基づくパリ条約による優先権主張:平成25年10月7日),以下の意匠(以下

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・12 21/平27(行ケ)10261】原告:JX金属(株)/被告:田中貴金属工業( )

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 原告は,平成22年3月8日(優先権主張:平成21年3月27日,日本国),発明の名称を「非磁性材粒子分散型強磁性材スパッタリングターゲット」とする発明について特許

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・12 14/平28(行ケ)10074】原告:松山(株)/被告:小橋工業(株)

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 (1)被告は,平成13年9月3日,発明の名称を「畦塗り機」とする発明について特許出願(特願2001−265939号。甲18)をした。 (2)被告は,平成24年2

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平28・12 6/平27(行ケ)10150】

事案の概要(by Bot): 1特許庁における手続の経緯等 (1)被告は,平成14年2月27日,発明の名称を「炭酸飲料」とする特許出願をし(特願2002−567084号。優先日:平成13年2月27日,優先権主張国:日本国

最高裁 最新の最高裁判例

最高裁の判例のみを改めてピックアップしています(上記の「最新判例」と重複しています)。

【★最判平28・12・20:地方自治法251条の7第1項の規定に基 く不作為の違法確認請求事件/平28(行ヒ)394】結果:棄却

要旨(by裁判所): 1公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項1号の要件に適合するとした県知事の判断に違法又は不当があるとはいえないとされた事例 2公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項2号の要件に適合するとした県知

【★最判平28・12・19:殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反 被告事件/平27(あ)1856】結果:破棄自判

要旨(by裁判所): 被告人に訴訟能力がないために公判手続が停止された後訴訟能力の回復の見込みがないと判断される場合と公訴棄却の可否 (PDF) http://www.courts.go.jp/app/files/han

【★最大決平28・12・19:遺産分割審判に対する抗告棄却決 定に対する許可抗告事件/平27(許)11】結果:破棄差戻

要旨(by裁判所): 共同相続された普通預金債権,通常貯金債権及び定期貯金債権は,いずれも,相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく,遺産分割の対象となる (PDF) http://www.courts.

【★最判平28・12・19:不動産取得税還付不許可決定処分取 消請求事件/平28(行ヒ)6】結果:破棄自判

要旨(by裁判所): 地方税法施行令附則6条の17第2項にいう「居住の用に供するために独立的に区画された部分が100以上ある共同住宅等」の該当性は,1棟の共同住宅等ごとに判断すべきである (PDF) http://www


People’s Picks 注目されている裁判例

Twitter上で注目された裁判例をピックアップしています。

【下級裁判所事件/広島地裁民2/平26・3・19/平21(ワ)2459】

要旨(by裁判所): 被告が行った下水道工事が原因で所有土地が地盤沈下し,同土地上の所有建物に損傷が生じたとして,原告が,被告に対し,国家賠償法1条1項に基づき,同建物の建替費用相当額等の損害賠償を求めた事案について,下

【特許権:審決取消請求事件(行政訴訟)/知財高裁/平26 ・11・13/平25(行ケ)10338】原告:(株)マ キタ/被告:日立工機(株)

裁判所の判断(by Bot): 当裁判所は,原告の取消事由2には理由があり,審決にはこれを取り消すべき違法があるものと判断する。その理由は,以下のとおりである。 1取消事由1(補正要件違反に関する判断の誤り)について (

【知財(著作権):著作権侵害差止等請求控訴事件/知財高裁 /平26・10・30/平26(ネ)10042】控訴人:(株)ビーエスエス/被控訴 :インターナショナル・システム・サービス(株)

事案の概要(by Bot): 本件は,控訴人が,「BSS−PACK」という統合業務管理パッケージのソフトウェア製品(以下「BSS−PACK製品」という。)に含まれる原判決別紙原告営業秘密プログラム目録記載1(1)ないし(

【知財(特許権):債務不存在確認請求控訴事件/知財高裁/ 26・10・22/平26(ネ)10052】控訴人:(株)高井製作所/被控訴人:( )ヤナギヤ

事案の概要(by Bot): 1請求 被控訴人が,控訴人に対し,原判決別紙控訴人製品目録記載の製品(以下「控訴人製品」という。)の生産,譲渡,貸渡し,輸出若しくは輸入又は譲渡若しくは貸渡しの申出(譲渡又は貸渡しのための展